ビットコインに対する理解を深めるためのビットコイン創出のしくみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビットコインが話題になっています。ビットコインは電子マネーの一種で、仮想マネー。P2Pといわれても良くわからないと思いますが、大本のどこかがビットコインを管理しているわけではなく、ビットコインを利用するすべてのユーザーが銀行として管理する一翼を担う形になります。

ビットコインはどうやって作られる?

ビットコインはどうやって生み出されるのか?それはminerと呼ばれるソフトを使ってあなたのPCの余剰パワーをビットコインのネットワークに貸し出すことによって生み出されます。
生み出される量や上限はビットコインのネットワークによって決定され、より多くの人がminerを使ってビットコインを生み出そうとすると一人当たりの受け取れるビットコインの量は少なくなるように調整されているそうです。

じゃあ、自分のPCの余剰パワーは何に使われているのかというと、ビットコインのネットワーク上での運用を行うために利用されています。

 

取引所を使って買うこともできる

minerを使って生み出す以外にも取引所で買うことだってできます。
取引レートは株と同じように、取引所で売買されており、価格は時価です。

ちなみに、日本では2016年に資金決済法によって仮想通貨が規制対象となりました。これによって取引所も監督されるようになり、透明性は大きくアップしたのではないかと思います。

なお、日本で最大のビットコイン取引所としては「bitFlyer」が有名です。こちら色々な新規利用者向けのキャンペーンもよく実施しているようです。詳しくは「国内初のビットコイン取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と利用方法のまとめ」などでまとめられています。

 

ビットコインに価値はあるのか?

裏付けのある価値はありません。皆があると考えているから価値が存在するわけです。

それを言えばゴールドやダイヤモンドだって誰かがそれに価値があると判断しているから価値があるのと同じことです。ビットコインという仮想通貨は皆がそれに価値があると考えているから価値が生じており取引されているわけです。

ビットコインは何かと兌換(交換)を保証しているわけではありません。でも、そのビットコインに価値がある、そしてそれと自分のモノを交換してもいいという人がいてサービスや商品の受け渡しが可能であるから価値が成り立つわけですね。

参考:ビットコインとは(用語集)

こうした価値の裏付けというのはよくよく考えてみると面白いものですよね。

お金というのはそれ自体に価値があるわけではなく、それで買えるモノやサービスに価値があるわけです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。