日経平均は3日続落。ドイツの対応に注目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経平均は3日続落となりました。ドイツのメルケル首相がユーロ共同債について改めて否定的な見解を示したことで、今週末開催のEU首脳会議が失望に終わるのではないかという見方が広がったようです。日経は25日移動平均線、6月のメジャーSQの値はなんとか維持しました。8,663.99円、前日比-70.63円という結果でした。

スペイン金融機関の一斉格下げと国債入札

26日はスペインの国債入札予定となっていますが、昨晩ムーディーズがスペインの28金融機関の長期信用格付けを一斉格下げしました。この結果を受けてのスペイン国債入札状況が懸念されます。

明日以降の相場ですが、25日移動平均線や6月メジャーSQが下値支持線として働いてくれるかどうかが注目されます。これを明確に割ってくるようだと、短期的な相場見通しは反転することになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。