長期保有特典の株主優待をつける企業とその注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株主優待というと割引券や商品などを株主向けに提供してくれるものです。私も複数の銘柄については株主優待を目的で持っているものもあります。
そうしたなか、長期間株主を続けている株主に対する長期特典を付与する企業が増えているということです。

上手に活用したいところですね。また、長期株主に対する特典にはいくつかの注意点もあります。

長期保有特典とは?

単年度ではなく、2年、3年と保有期間が増えることで株主優待の優遇がアップしたり、別途特典がプラスされるような制度です。

・ビックカメラ
長期保有で商品券がプラス

・ビレッジバンガード
1年以上保有で優待券+1000円

・タカラトミー
長期株主に自社通販サイトでの割り引き

・エイベックス
10年以上の長期株主へ特典

・三越伊勢丹
2年以上で優待購入金額上限が2倍に

・千趣会
株主ポイントが増加

・モロゾフ
3年以上の保有で自社商品(2000円相当)をプレゼント

参考:株主優待人気ランキング

 

長期保有による株主優待の優遇を受けるときの注意点

最近、ネット証券で提供している「貸し株サービス」
これは、投資家が保有する株券を証券会社にレンタルすることでレンタル料を受け取るしくみです。
このサービスを利用すると「いったん名義が証券会社のものとなる」ため、長期保有の特典を受けられなくなります。

貸し株サービスについて詳しく知りたい方は「貸し株サービスの特徴と証券会社比較」をご覧ください。
貸し株によるメリットと長期保有のメリットとを考えた上でご判断いただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。