日本のローコストインデックスファンドが成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で販売されているインデックスファンドの中でもeMaxisとSMTインデックスシリーズは低コストのインデックスファンドとして知られていますが、先月(2014年8月)にそろって残高1000億円を突破したということです。日本の投資信託市場は三流と高コスト体質が指摘されていましたが、低コストのインデックスファンドの純資産が増加傾向にあることは大変素晴らしいことだと思います。

ようやく日本でもインデックスファンドが根付いてきた

日本では、長きにわたってアクティブファンドが主流でした。
なにせ、インデックスファンドのような金融機関が儲からないファンドについては取り扱う価値が低いので積極的に販売されず結果としてアクティブファンドばかりのラインナップとなっていました。

しかしながら、SMTシリーズやeMaxisシリーズのようなインデックスファンドが大きくなってきたということは、「自分の頭で考えて投資信託を買う人が増えてきた」ということの裏返しだと思います。

つまり、投資家が証券会社のいいなり(アドバイスに従う)のではなく、投資判断を自分自身で行えるようになってきたということです。

eMaxis」や「SMTインデックス」などはネット証券中心で販売されており、手数料の安さ(販売手数料無料&信託報酬の安さ)などが受けて徐々に伸ばしているようです。

こうしたファンドが大きく広がっていくというのは非常に良いことだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。