確定拠出年金が使いやすくなる。公務員、主婦も加入可へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人型確定拠出年金の使い勝手が大幅に改善されそうです。厚生労働省が提示した案によると、「従来は加入できなかった公務員・主婦・企業年金のある会社員も加入可能に」さらに「転職時に持ち運びもしやすいように改善」という2つの点が改善されるようです。

とくに、個人型確定拠出値金に加入していた人が、会社に企業年金(確定給付年金)があるような会社に転職した場合、確定拠出年金が浮いてしまう。という点は「個人型確定拠出年金のメリット、デメリット」などでも大きなデメリットと指摘されていましたが、これが改善されるのは良いことだと思います。

早ければ2016年にも改正

日経新聞によると下記のように報道されてます。

 第3号は約950万人で、老後に国民年金分の約6万5千円(満額の場合)をもらう。厚労省の試算では国民年金の給付水準は下がる見通しだ。個人型の掛け金の上限は月6万8千円で、希望する専業主婦には新たに掛け金を払ってもらう。

個人型には公務員の加入も認める。公務員の共済年金は2015年度に会社員の厚生年金と一元化する。しかし、企業年金に相当する私的年金がないため、公務員も個人型の年金に加入できるようにする。

将来の年金額があらかじめ決まっている確定給付型や確定拠出型の企業年金にすでに加入している会社員も個人型に入れるようにする。これで個人型は働き方に関係なく希望する人なら誰でも入れるような制度になる。

第3号被保険者(サラリーマンや公務員の妻で専業主婦・あるいは一定の収入以下のパート)については国民年金の保険料が事実上免除されていますが、これは免除されたまま、希望する主婦は401kに加入できるようになるみたいです。

 

有利な年金制度、保険会社の年金よりもよっぽど有利

確定拠出年金は掛け金全額が所得控除されます。払った保険料の一部しか控除されない一般の保険会社の私的年金保険と比較しても相当恵まれている運用方法です。

掛け金だってサラリーマンの場合月額28000円を最高かけることができます。途中解約ができないという点はありますが、老後のための運用資金というのであれば、大きく有利です。

上手に活用したいものです。

私ももちろん、活用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。