太陽光発電ビジネスの大きな転換点。買い取り義務の撤廃。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電ビジネスは大きな転換点に立ちました。最初から高すぎると言われていたにも関わらず、某氏らの活動もあって通った太陽光発電の固定価格買い取り制度。結局笑ったのは、誰なんでしょうかね。買い取り義務が撤廃されることによって買い取りを拒否された電力は結局どうなるのか?そして、投資的魅力が大きく低下した太陽光発電ビジネスとそれを推進する業者たちはどうなってしまうんでしょうか?

しかしながら、国としてやると決めた内容を朝令暮改するってのはいかがなものかと思います。

制度設計自体に問題があったのは明らかですが、早期に見直せなかったのかは疑問です。このような自体は発電事業者、電力会社、販売会社、消費者の誰も得をしない状況にしか見えません。

 

買い取り義務の撤廃でどうなる?

太陽光発電が発電した電力を現在は電力会社が買い取る義務がありますが、十分な電力がある場合などはそれを電力会社が拒否できるようになるわけです。

太陽光発電は発電することはできますが、蓄電することはできません。買い取ってもらえなければ消滅するだけです。せっかくの電力資源が無駄になるわけです。蓄電すりゃあいいじゃんと思われるかもしれませんが、蓄電池は高い上、そこに蓄電しておいて後から売るという方法でペイするのはまず無理でしょう。となると、買い取り拒否をされるとせっかくの電力が無駄になるわけです。

 

ちなみに、買い取り価格も来年以降は大幅に下げられる見通し。簡単に梯子を外してくれますなぁというのが感想です。おそらくこれで倒産する会社は沢山出てくるんだろうなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。