まずは投資信託に投資をしたいと考えた時に選ぶべき証券会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資初心者の方が、最初に考える投資手段の一つが「投資信託」ではないかと思います。
そうした中で、選ぶべき証券会社というものは、ごく限られています。理由については後述致しますが、間違っても野村證券や大和証券などの大手証券を選ぶべきではありません。今回は投資初心者が考えるべき証券会社の選び方を紹介します。

投資初心者ならローコストのインデックス投信が一番

まず、投資初心者の方で、何を選べばいいかわからないという方は、下手な日経平均やTOPIXなどに連動するインデックス投信を買うべきです。
理由としては「手数料が安いこと」が挙げられます。

一般的に、ファンドマネージャーが投資銘柄を決めるファンド(アクティブ投信)については手数料率が高いです。
そうしたアクティブファンドは手数料が高い分、成果も高いうのであれば良いですが、多くのアクティブファンドの成績はインデックスファンドに劣ります。

この状況をだけでも、アクティブファンドに投資をする意味はファンド運営会社や販売会社(証券会社)を儲けさせるためだけの商品と言い切っても過言ではないと思います。中には良いファンドもあるかもしれませんが、それが事前にわからないという状況では、ギャンブルと同じことです。

そう考えれば、手数料の安いローコストインデックス投信を買うのが初心者にとってはベストチョイスとなるはずです。

 

大手の証券会社は販売するファンドの大部分が手数料の高いアクティブファンドばかりです。試しに大手証券会社の窓口で投資信託に興味があると話してみてください。インデックファンドを勧めてくる担当(窓口)はほぼ皆無なはずです。

 

じゃあ、どこを選べばいいの?

個人的には投資信託投資であれば「楽天証券」あるいは「SBI証券」の二社のいずれかがオススメです。
そのほかはマネックス証券、カブドットコム証券なども条件によっては有利になるかと思います。もちろん、運用スタイルに応じて複数の証券会社を使い分けるというのも手です。

 

楽天証券がオススメな人
海外ETFに興味がある人。海外ETFにはインデックス運用の中でも最も有名なVTなどのETFがあります。楽天証券は海外ETFに投資をできる上、特定口座も開設できるので税金関係も面倒がありません。
もちろん、国内の主要インデックスファンドにも投資ができます。ただ、ポイントサービスを考えた時はSBI証券の方が若干有利なので国内中心ならSBI証券がオススメ。あと、純粋に海外ETFのみというのであれば手数料が安いマネックス証券の方が有利。
楽天証券は海外も国内もバランスよく投資したい人にオススメです。

SBI証券がオススメな人
海外ETFには興味がない人。国内の投資信託への投資であれば最もオススメ。ポイントサービスなどで実質的な保有コストも低減できます。海外ETFは投資可能ですが、特定口座が使えないので税金の申告等がちょっと面倒です。
月々500円から積み立て投資が可能です。

マネックス証券がオススメな人
海外投資中心ならここが最も手数料が安いです。海外ETFを中心に買いたいならここがおすすめ。特定口座も対応。

カブドットコム証券がオススメな人
大口での投資信託投資を考えている人にオススメ。1000万円以上の投資を考えているならポイントサービスがかなり有利です。あと、フリーETFといって一部のETFを手数料無料で買えるのも魅力です。

なお、海外ETFについては「 海外ETFの特徴とメリット、デメリット」が参考になります。

投資信託と証券会社選びについては下記のサイトも参考になるはずです。

投資信託の積立投資でおすすめの証券会社比較
投資信託にオススメな証券会社比較

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。