2015年度分から13年経過の自動車の自動車税が15%へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に対してかかる税金となっています。この自動車税平成27年からは、初度登録年月日から13年以上(ディーゼル車は10年以上)経過している者に対して15%アップされることになっています。

対象車両
ガソリン車やLPG車:4月1日現在、13年を経過したもの(初年度登録:平成14年3月以前)
ディーゼル車:4月1日現在、10年を経過したもの(初年度登録:平成17年3月以前)
※平成27年度分の自動車税のケース。

自動車税のグリーン化

この措置は、自動車税のグリーン化という意味で実施されています。
環境負荷の高い自動車に対してはより高い税を課すことで、買い替え等を促すと言うのが趣旨とされます。自動車の性能は確かに上昇しているので10年前よりも今の車の方が燃費効率等も高いとは言えるでしょう。

ただ、よく考えてみると買い替えをすれば当然、廃棄が出てくるわけです。買い替えをすることが果たして本当にエコにつながるのかどうかは甚だ疑問です。

基幹産業であるからこその買い替え促進は経済対策

日本において自動車産業は基幹産業の一つです。
だからこそ、振興の為の施策を打つこと自体を否定はしません。ただ、そのようなことは新車の税金を下げたり、補助金を出すなどして購入のインセンティブを高めれば良いだけだと思います。

それを「古い車を使うのは環境に悪いからけしからん」といったもっともらしい論理で重課して新車を買わせようとする姿勢は決してほめられるものではないと思います。取れるところから取っているようにしか見えません。すでにガソリンに環境税を課すことなどで、エコカーの優遇はされているわけで、燃費性能が悪い古い車は税負担を負っているわけです。

自動車税、払いましたか?

ちなみに、賛成できないからといって払わないと、サラ金も真っ青な延滞税がかかりますので、しっかり期限までに払いましょうね。納付期限は5月末までです。

最近ではインターネットからも納税できるみたいです。Yahoo!公金支払いを使えばカード払いでも納税できるそうなので便利ですね。ただし、324円の手数料(税込)がかかるみたいなので、カード払いにしてもあまりメリットはなさそうです。ちなみに「自動車税をクレジットカード払いにして節約する2つの方法の比較」なども参考になるかもしれません。

 

ちなみに、オンライン署名サイトのChange.orgでは「自動車税の重課税分〔13年超車両への増税分〕の廃止・恒久化禁止」という署名ページが用意されています。こちら参加してみるのもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。