トヨタの新型株券(AA型種類株)は誰が一番得をする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタの新型株券は5年後の発行価格でのプットオプション(売る権利)が付与された株式です。財務的に余力がある「トヨタ自動車」だからこそできる発行なのでしょう。

投資家としての観点で見た時の説明は「トヨタの元本保証型の新型株(AA型種類株)のメリット、デメリット」が詳しいのでぜひご覧ください。
私も買えるものなら買いたいくらいの株式です。

なぜCBじゃないの?

基本的な仕組みを見るとCB(転換社債型新株予約権付社債)に良く似ています。
大きく違うのは転換前でも「議決権」があるということ。

トヨタ自動車の狙いとしては、低い個人株主の比率を増やして、機関投資家からの経営に対する影響度を弱め、短期には成果の出にくい研究開発等への投資を行いたいと言うものがあるようです。

そうなると通常のCBではだめなので種類株と言う形になるのでしょう。

 

反対する投資家の理由は何?

「安定株主が経営の規律を失わせる」というのが出ています。
これは5年の長期保有をする投資家はいわゆる「物言わぬ株主」となり、経営のガバナンスをゆがめるというのが理由です。

意図的に株主構造を変えようとしているわけで、明らかに機関投資家の影響度を下げようというものであるため、機関投資家から反対が相次ぐのは仕方が無いと思います。

 

だれが一番儲かる?

ちなみに、誰が儲かるか?といえば、今回のファイナンスでは野村證券でしょうね。
新株の引き受け、発行、さらにはトヨタによる希薄化対策の為の自社株買いもあるでしょう。さらに、この新型株は野村単独となるので、この株を買いたい人は必然的に野村のお客さんにならないといけないわけで、ホールセール部門だけでなく、リテール部門にまで波及します。きっと笑いが止まらないことでしょう。

 

ちなみに、今後心配しているのは、これを受けて同種の劣化版の発行が相次ぐのではないか?というこを懸念しています。トヨタの新型株については投資家にとってもリスクが小さな運用となるでしょうが、こうした株を発行できるのは財務的に超安定しているトヨタ自動車だからこそできるわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。