トヨタの元本保証株は需要が多く、上限の株価1.3倍で価格決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題になったトヨタ自動車の元本保証株。株とはいいつつ債券じゃん!というご意見もありますが、非常に好評だったようで、7月2日終値の30%増しという上限額で価格決定に至りました。ここから3割増の株価というのは容易に想像できないわけですが、最低1.5%の利回り運用できる債券と考えれば、割が悪いということはないでしょう。

買いたい人はどうすればいい?

野村證券へGo!ネット取引(ネット&コール)は取り扱いが無いようなので、お近くの野村證券の支店にいって口座を作りましょう。

ただ、日経新聞によると既に発行額の4倍~5倍の申し込みが入っているということです。一部界隈から、野村の営業マンが元本保証株を武器にあちこちで口座開設の営業をしているという声も聞こえており、かなりの競争率になりそうです。

最低投資額は100万円ちょっとです。いずれにしても、まずは支店に問い合わせてみることをお勧めします。

 

そもそもこの株は買いなの?

正直30%増しの株価というのはかなり厳しい水準だとは思います。
ただ、先ほど書いたとおり平均年率1.5%の社債(満期5年)と考えれば決して悪い条件ではありません。さらに、株価が大幅上昇する時には株としてのリターンも得られます。インフレになったら株価も通常上昇するためのインフレ対応商品としても魅力があります。

このような点から安定運用のニーズからは「買い」と言えそうな商品です。細かい商品性については「トヨタの元本保証新型株(AA型種類株)のメリット、デメリット」が参考になりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。