プレミアム商品券の注意事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、いろいろな自治体や商店街で発行されているプレミアム商品券。おおよそ20%くらいお得な設定になっており(割引率だと16.6%)、10000円で12000円分、あるいは5000円で6000円分といった商品券が多いようです。私の住んでいる地域でも商店街と自治体のプレミアム商品券が販売されており、いくばくかは購入したものの、注意点もあるのでまとめておきます。

有効期限が短いよ

注意事項のその1は有効期限の短さ。そもそも今回のプレミアム商品券は消費税増税による消費の落ち込みをカバーするための経済対策の一つなので、すぐに使ってもらわなければならない性質があります。大半のプレミアム商品券が半年程度の有効期限になっています。

私の住んでいる街のプレミアム商品券は10000円で12000円(一人6冊まで購入可能)だったので72000円分の商品券を買えるのですが、そんなに使えるか?という疑問もあります。

あきらかに使いきれる金額というのであればいいですが、有効期限が短いことを前提として考えて購入金額は決めましょう。

 

使えるお店、以外と少ないかも

注意事項としては利用可能な店舗の数です。市が発行するようなプレミアム商品券は利用可能な店舗数も多めですが、地域の商店街が発行するようなプレミアム商品券は利用できるお店が限られるので、上記の有効期限の短さも相まって使い切れなくなるリスクが大きいです。

地元の商店街の商品券を買うときは注意しましょう。

 

地元の商店街の値引きってどう?

また、これは場所によってもかわってくるでしょうけど、プレミアム商品券の値引き率16.6%です。
地元の商店街って「定価販売」がベースのお店も多く、16.6%の値引きくらいだと以外とお得感がないケースも想像できます。

 

以上3点のプレミアム商品券の注意事項でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。