チャイナショック。日経平均2日連続で大幅安。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月24日(月)は895円15銭安の1万8540円68銭、そして8月25日(火)は前日比で一時+200円になる場面があったものの、終わってみれば前日比-733.98円と大幅なマイナスです。朝一に下げて、昼時にかけてプラ転した上で、引けには再度マイナスで当日ほぼ安値で引けるという大きな上髭を残しました。チャートの形(ローソク足)で言えば「塔婆」に近い形で終わっています。

下ヒゲがない十字線。寄り付き後、買い上がったものの相場の勢いが続かずに垂れた形。高値圏では売りの力が強くなったことをしめします。
参考:十字・トンボ・塔婆 / ローソク足の基礎知識

塔婆とは、なんとなく縁起の悪い名前で強い感じです。

ちなみに、この記事を書いている段階の先物では、中国の金融緩和策の発表もあってか、ずいぶん戻しているみたいで18300円くらいの水準になっていますので、相場のさらなる暴落は抑えられているといったところでしょうか(今の所)。

明日の朝、おはぎゃあとならないことを祈ります。

 

中国の金融緩和策(追加)について

金融機関の預金や貸し出しの基準金利を、1年ものに限って0・25%引き下げるとともに、金融機関の預金準備率を0・5%引き下げる。金利引き下げは26日からで、6月28日以来、今年4回目。

とのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。