金利のしくみと利率、年利、利子、利息などの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資や金融について初心者の方向けに、金利や利率、利子、利息といった、お金と時間の関係によって発生するお金という概念についてできるけわかりやすく解説していきたいと思います。何やら難しく感じるかもしれませんが、基本さえ押さえておけば後は難しいものではありません。

そもそも金利とは?

金利とは、お金を貸す、借りるにあたって発生する賃借費用です。
もっとも大きな概念的な考えであり、後述する「利率」「利子」「利息」などはこの金利の表現方法の一つとなります。
ちなみに、金利をしめす言葉としてはほかにも「年利」「月利」「利回り」などがあります。

銀行に預金をしたら金利を受け取りますし、誰かにお金を貸したら金利を受け取りますよね。
逆にカードローンや住宅ローン、クレジットカードの分割払いなどを利用して借金をしている場合は金利を支払うことになります。

最近だと「マイナス金利」がとりだたされており、お金を貸している(借りている)のに、逆に金利を支払う(受け取る)ような状況も一部では発生していますが、これは極端な金融緩和による例外といえます。

 

 

利子、利息は金利で生じた支払い(受け取り)金額を意味する

利子や利息という言葉は金利によって生じた支払額や受取額を意味します。

たとえば、100万円を1年間5%の金利で預けた時には1年後に5万円を受け取ることができるはず。この5万円が利子や利息となります。

利子と利息の違いとなると難しいのですが「」によると慣例的に利子は「自分が受け取る金利」で利息は「相手に支払う金利」という意味で利用されることが多いようです。

ただし、あまり気にする必要はありません。利子=利息と考えてお話しても問題が生じることはありません。

 

利率、年利、月利は金利の割合を意味する

次に、利率、金利、年利、月利といった言葉は金利がどの程度発生するのかという割合を意味します。

金利は普通、百分率(%)で表現されます。そのうえで特に断りがない場合は「1年単位」で表現されます。金利表現で5%とある場合には1年間で5%の金利が生じるという意味です。ここにおける「5%」という金利のレートを示すのが利率や年利といった言葉になります。

なお、前述の通り金利は「年単位」で示すのが通例となりますが、例外的に規定する場合はそれぞれのタイミングに合わせて表現を変える場合があります。あまり使われることはありませんが月利5%と言う場合は1カ月に対して5%と言うわけですから年利にすれば60%ということになります。

同じように、週利や日利といった表現を使う場合もあります。

 

なお、一部では1割5分3厘(15.3%)という表現が使われることがあります。また、契約書などでは違約金の項目に日歩という言葉が利用されることもあります。日歩は1日当たりという意味で日歩5銭=100円に対して1日当たり5銭という意味になります。日歩については「日歩○銭って何? 日歩の計算方法やメリット」が詳しいです。

 

以上、金利のしくみと利率、年利、利子、利息などの違いでした。意外と分かっているようで分かっていないこともありますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。