IPOチャレンジポイントでブーストした「ベタイン(投信)」設定額は109億円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日IPOチャレンジポイントがもらえるということで紹介した、SBIボンドインベストメントマネジメントの第1号ファンド、ベタイン(SBI−PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド)ですが、設定額109億円というかなりの規模のファンドになったようです。

SBI証券でIPOチャレンジポイントのプレゼントキャンペーン。2016年6月29日まで
IPOの抽選確率を高めるために利用することができるIPOチャレンジポイントはSBI証券の特徴的なサービスの一つです。こんな風にIPO投資家にとっては非常に大切なポイントプログラムとなっています。私もちょっと前に消費してしまったのであまり貯まっていませんが、今...

IPOチャレンジポイント目当てで購入した人の売却がどの程度の規模になるのかは注視したいところですね。

 

SBIボンド・インベストメント・マネジメントが第1号ファンドとして30日に設定した「SBI−PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド」(愛 称:ベタイン)の設定額が109億円と、2016年4月−6月に設定された投資対象資産を債券とする追加型公募投信の当初設定額としては最大になった。同 ファンドは、日銀のマイナス金利政策によって一段と注目度が増しているヘッジ付き外債投資戦略を採用している。相対的に高い利回りを安定的に得たいという 運用ニーズを捉え、大きな支持を集めた。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。