個人型確定拠出年金がiDeCo(イデコ)とかいう覚えにくい愛称に決まった模様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税制上のメリットが大きいと知られている個人型確定拠出年金ですが、普及促進のための愛称としてiDeCo(イデコ)という名称に決めたそうです。

・英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく表している。また、「i」には「私」という意味が込められており、自分で運用する年金の特徴を捉えていること。

・「イデコ」は親しみやすい響きで、小文字と大文字の交互の組合せが、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えること。

覚えにくい。iDeCoって individual-type Defined Contribution pension planっていう英語表記をしらないとわかんないし。すでにDCという表現自体は多少なりとも知られているわけだから、○○DCとかにしておけばいいのに。そもそも年金の名称にスタイリッシュとでおしゃれな印象とかいらんやろ。

この普及のために何億円も広告費が税金から投入されるかと思うと悲しくなる……。

個人型確定拠出年金のメリット・デメリット
確定拠出年金というのは、将来給付される年金額が運用次第で変動する年金です。確定拠出年金は企業型と個人型があり、今回はその中でも自営業者や一部のサラリーマンが「任意」で加入することが出来る個人型確定拠出年金についてまとめていきたいと思います。 個人型...

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。