現金、チャージ済みSuica、特殊景品など手を変え品を変え行われるクレジットカード現金化のネット取引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリマアプリの大手であるメルカリやヤフオクなどでクレジットカード現金化とみられる取引が横行していることが問題となっています。

たとえば、3万円の現金がメルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどで出品されており、その価格が39000円といったように額面よりも高い金額で取引されているわけです。

普通に考えたら意味不明な取引なのですが、お金に困っている人にとってはクレジットカードなどの後払い決済を利用することで素早く現金が手に入る取引として注目されているわけです。

クレジットカードの現金化とは何か?

クレジットカード現金化とは?問題点はあるの?
私は借金なんかしないという方もいるかもしれません。でも借金を始めるきっかけというのはほんの些細なことで、ちょっとしたことから借金が日常の中に入り込んでくるということはよくあります。

要するにクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にするという取引になります。
クレジットカードは後払いが可能なので、今現金に困っている場合、問題をわずかですが先送りすることができるわけです。

こうした方法は、新幹線の回数券などを売買するなどしてリアルビジネスとして行われていましたが、CtoC取引がメルカリなどのフリマアプリで一般化したことでネットに移ってきたという面もあるようです。

 

規約で禁止もいたちごっこ

ちなもいに、この現金化手法はネットで問題提起され炎上するとメルカリなどは現金売買を禁止する措置を取りました。

すると次は「金額チャージ済みのSuica(JRで手数料を払えば換金可能)」となりました。こちらも禁止すると、次は「パチンコの特殊景品」が出品されるようになりました。

運営会社も相次いで手を打っているようですが、いたちごっこ的な様相を呈しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。