日経平均は8900円を割り込む。国内外マクロ指標が悪化。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の東京市場は、米雇用統計の悪化を受け、また寄り付き前に発表された5月機械受注統計が予想外に急減したことを受けて続落して始まりました。心理的な節目である9000円を割り込み、さらに後場にかけて下げ幅を拡大。終値は8900円を割り込んだ8,896円で引けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。