楽天スーパーポイントで投信を買ってみました(楽天証券)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月26日からサービスがローンチされた楽天証券における楽天ポイントでの投資信託買付サービスを実際に試してみました。

まだ、4900円分の楽天ポイントを使って購入してみました。ポイントは8000ポイントくらいああったんですが、残りは期間限定ポイントだったようで買付余力には反映されていませんでした。

今回購入したのはiFreeシリーズの外国株式インデックス。低コストで外国株投資(先進国)ができるインデックスファンドですね。毎月数千ポイントは楽天ポイントが入ってくる環境にあるので、こうやって楽天ポイントを使った積立投資ってのも面白そうですね。

投資信託の値下げ競争が激化 iFreeシリーズが大和証券投資信託委託から登場
投資信託についての大変良い傾向といえるのが低コストのインデックスファンドにおいて競争が行っており、手数料の値下げが続いていることです。低コストのインデックスファンドについてSMTインデックスシリーズ、eMAXISシリーズ、たわらノーロードシリーズなどがあり...

ポイントでの投信購入の登録時の注意点

最初に楽天IDの紐づけが必要になります。楽天市場の登録情報と楽天証券の登録情報が一致している必要があります。一致していない場合は統一しないと登録できません。

 

  • 住所が一致していること
  • メールアドレスが一致していること

 

私は、楽天証券の登録アドレスが普段あまり使っていないアドレスだったので、エラーとなりました。ただ、楽天証券の登録情報を修正したらすぐに反映されたようですぐに注文ができました。

ちなみに、ポイント購入については下記でもまとめています。

2017年8月26日より楽天証券で楽天ポイントで投資信託が買えるようになる
大手ネット証券の楽天証券が投資信託を楽天グループのポイントである「楽天スーパーポイント」で購入できるようになることが確定しました。2017年8月26日より購入できるようになるといういうことです。すこしだけ条件があり、楽天ポイントとはいっても、どのような形...

 

今後の希望は期間限定ポイント!

今後の希望としてはやはり期間限定ポイントへの対応をお願いしたいところですよね。楽天の基本ポイントは最終利用から1年という有効期限があるので、失効……ということはないのですが、期間限定ポイントについては半端な数字だと失効してしまうこともあります。

期間限定ポイントを対象とするといろいろ問題が出てくることもあるでしょうから、すぐには難しいかもしれませんが、なんとか楽天証券さんには頑張ってもらいたいところです。

 

>>楽天証券公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。