楽天証券が米国株、米国ETFの売買手数料を引き下げへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手ネット証券の楽天証券は米国株や米国ETFの売買手数料の引き下げを発表しました。

引き下げは2017年9月25日からとなります。

従来は1000株まで一律25米ドルだったのですが、こちらを約定価格の0.45%(下限5ドル、上限20ドル)となりました。完全な値下げですね。

主要ネット証券は横並びへ

はい。完全に横並びです。

2017年9月現在、主要なネット証券で米国株を扱っているのは「マネックス証券」「楽天証券」「SBI証券」の3社ですが、いずれも同じ金額になりました。

約定価格の0.45%(下限5ドル、上限20ドル)

これで米国株投資(米国ETF投資)を考えている方は、上記ネット証券ならどこで買っても同じということになります。折角なんだから0.1%でもいいから安くしてくれたよかったのに……。と思いますが、そんなことしたら、血を血で洗う争いになるからやらないんですかね。

みんな仲良く横並びです。

米国株投資にお勧めの証券会社の選び方
世界的な大企業に投資をしたい、あるいは海外の有利なETFに投資をしたいという方にとって米国株取引は非常に魅力ある運用手段です。その一方で米国株取引(外国株取引)は為替の問題や取引時間やトレードツールの問題、税関係の手続きの問題など色々なハードルがあり...

 

ちなみに、少し使い勝手は違いますが、スマホ証券として近年サービスを展開しているOne Tap Buyという証券会社の場合、指定銘柄のみですが、上記の大手3社よりもローコストで米国株を買えます。

スマホ証券のOne Tap BUY。1000円から低コストで米国株投資や積立投資ができる。
1000円から米国株が買えるとして話題のOne Tap BUYはスマートフォンから簡単な手続きで世界的に有名な米国企業に株式投資ができるサービスとなっています。 投資できるのはアマゾンドットコム、アップル、アルファベット(Google)、コカ・コーラ、コストコ、フェイ...

 

まぁ、手数料が下がるのはよいことです。これからもよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。