楽天証券が国内株式の売買手数料値下げ、すかさずSBI証券も追随値下げ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内大手ネット証券の楽天証券が、国内株式の売買手数料(現物取引・信用取引)を値下げすると発表しました。対象となるのは2017年12月25日以降の取引となります。

手数料が引き下げられるのは1回の売買が50万円以下の取引区分です。とはいえ、通常の個人投資家の売買単位はそこまで大きくないことを考えると身を切る施策といえそうです。

売買金額(国内・現物) 旧手数料 新手数料
5万円 139円 50円
10万円 139円 90円
20万円 185円 105円
50万円 272円 250円

ライバルのSBI証券も追随で値下げへ!

国内株式の売買手数料は業界2位の楽天証券と、同1位のSBI証券は同じ手数料水準だったわけです。

SBI証券もすぐさま対応です。楽天証券よりも3日早い12月22日(金)より売買手数料を引き下げました。引き下げ後の金額は楽天証券と同額です。

この2社は本当に、お互いライバル視していますよね。そして完全に合わせてくるんですよね。面白いです。直近1年くらいでもこれだけありますよ。

 

iDeCoの手数料、SBI証券と楽天証券が2017年5月から手数料完全無料化
個人型確定拠出年金(iDeCo)において多くの金融機関がサービスを提供する中でコスト(手数料)面で2強状態だった楽天証券とSBI証券ですが、楽天証券は2017年5月18日から、SBI証券は2017年5月19日から、iDeCoの運用管理手数料の無料化を実施しました。 今回はそんなi...

iDeCo導入時、互いに手数料を無料化へ。楽天証券が先に発表、SBI証券が追随

 

株の少額取引手数料無料化、楽天証券もSBI証券に追随
2017年8月の中旬にネット証券最大手のSBI証券が小額売買手数料(10万円以下)を無料化すると発表したところ、すぐに楽天証券も追随し、まったく同じ条件に合わせてきました(アクティブプランなら10万円まで手数料無料)。401kの手数料無料化のタイミングも一緒でし...

株の少額取引の手数料無料化(一日定額制取引)。この時はSBI証券が先で楽天証券が追随

 

投資信託の最低売買額を100円~に楽天証券が先に発表。SBI証券、松井証券が追随

 

楽天証券が米国株、米国ETFの売買手数料を引き下げへ
大手ネット証券の楽天証券は米国株や米国ETFの売買手数料の引き下げを発表しました。引き下げは2017年9月25日からとなります。従来は1000株まで一律25米ドルだったのですが、こちらを約定価格の0.45%(下限5ドル、上限20ドル)となりました。完全な値下げですね。主...

米国株の売買手数料引き下げ、先にSBI証券が発表し、しばらくたってから楽天証券も追随

 

まあ、こうした競争が起こってくれるほうが、私たち投資家からすると、より取引コストが安くなるわけで大いに歓迎したいところです。ただ、両社とも過度な競争はしたくないのか、相手に“完全に合わせてくる”ところが面白いですよね。

まさにゲーム理論。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。