おつり投資のトラノコがGポイントと連携して、クレカのポイントで資産運用できるようになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おつり投資アプリが登場しています。
代表的なサービスとしてはマメタスとトラノコという二つですね。いずれもクレジットカードの利用金額に応じて端数分をプールして自社の提供する運用サービス(投資信託)に回すという形になっています。

そんなサービスの内、トラノコというサービスがあります。
今回は“おつり投資”としての面ではなく、2017年12月に行ったGポイントとの連携サービスについてまとめたいと思います。

Gポイントというのは「ポイントエクスチェンジ(ポイント交換サイト)」と呼ばれる、異なるポイントを交換することに主眼を置いたサービスとなっています。

ポイント交換サイトの活用術と人気のポイント交換サイト比較
インターネット上で提供されている無料のゲームをすることでポイントや賞品がもらえるサービスです。全て無料で利用することができ、当選した場合やゲームに勝ったりすることでポイントが貰えそのためたポイントを現金などで還元してもらうことができるサービスです。

たとえば、三井住友カード(クレジットカードのポイント)なんかをGポイントに交換できます。そしてそのGポイントをトラノコに移して、投資信託への投資に使えるわけです。

Gポイントに交換できるポイントは以下のとおりです。

  • グリーンスタンプ
  • ジャックスカード
  • ライフカード
  • 三井住友カード
  • ポケットカード
  • セディナカード
  • リーダーズカード
  • セシール
  • ナチュラム
  • マツモトキヨシ
  • パナソニック
  • BECトラベル
  • イーツアー
  • エルネ
  • マクロミル
  • ドリームメール
  • キューモニター

です。クレジットカードやお店のポイントも投資に回せるというのは面白いですね。

おつり投資アプリ トラノコの評判と始め方、利用上の注意点のまとめ
トラノコは2017年6月7日にサービス開始となったフィンテックアプリサービスで、おつり投資という新しい資産運用のジャンルを開拓しています。 おつり投資というのは、登録したクレジットカードでのショッピングの「おつり」に相当する部分を決めて、そのおつり部分を...

 

ネックといえるのが、トラノコは投資サービスの利用に月額300円も手数料がかかるということですね。

本来はおつり投資ということで小額の投資からスタートするはずの商品で定額300円のコストは高すぎます。少なくとも数十万は資産が積みあがらないとこの手数料分すらペイできないはずです。

月額手数料を無料にできるくらいになったら、利用者の幅は広がりそうですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。