ビックカメラがビットコイン決済の上限を30万円に引き上げ。実際に使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨法によって、決済手段“通貨”として認められた割には、その価格上昇・価格変動が大きく取り上げられ、決済面はあまり取り上げられることがない仮想通貨。

そんなビットコインを使った決済に力を入れているのは家電量販店大手のビックカメラですね。こちらではビックカメラでのお買い物で店頭なら30万円(ネットショップなら10万円)までのお買い物にビットコインで買い物ができます。

実際にビックカメラで決済してきた!

決済できるということで実際にビックカメラでビットコインでのお買い物をしてきました。

ビックカメラではbitflyerという日本のビットコイン取引所としては最大手の決済システムを利用しています。bitflyerを利用しているユーザーであれば送金手数料は無料になりますので、実際に取引するならbitflyer経由がおすすめです。

>>ビットフライヤー公式ホームページ

ビットコイン取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と利用方法のまとめ
bitflyer(ビットフライヤー)は日本初のビットコインの取引所です。2014年1月に設立され、現在はリクルート、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメント、電通デジタルホールディングスなどの名だたる会社からの出資を受け、日本国内では取引量や資金力ともに最も大き...

そんなわけで、ビックカメラで買うものを決めたらレジにいって、店員さんに「ビットコイン払いでお願いします」といえばOKです。

  1. ビックカメラの店員さんがビットコインアドレスを含む二次元バーコードを表示
  2. ビットコイン残高があるウォレットアプリ(bitflyerアプリ)で読み取る
  3. 確認画面に請求金額BTC建てが表示されるので「支払う」をタップ
  4. 完了

こんな感じになります。実際にビットコインで買った商品の金額と、ビットコインのレートを見比べたら、ビットフラヤーの提示しているビットコインの売値(投資家からみたら買うレート)で決済されたようです。

 

意外と将来性を感じることができたビットコインのお買い物

正直、もっと面倒だと思っていましたが、かなり簡単でした、楽天ペイの決済とほとんど変わらない感じですね。

ビットコインという仮想通貨で本当にモノが買えるんだ……とうことを実感できてよかったと思います。

実際にモノの売買に使うのであれば、今のように価格が乱高下している状況ではなく、ある程度落ち着ていないと困りますが、一部の方が言っているように“無価値”と断することはできないと思います。

ビットコイン以外にもいろいろな仮想通貨があり、日本国内の取引所でも売買できる通貨の種類は増えてきています。

 

今は価格が上がるから(上がりそうだから)買うという人が多数でしょうが、将来便利だから買うという流れになってくれば、本当に仮想通貨が流通する世界になるんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。