超絶悲報。2049:NEXT NOTES S&P500 VIXインバースENTが早期償還。昨日29,400円で償還価格は1,114円で96%以上の損失確定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2049:NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN(XIV)

というETNがあります。ETNというのはETFと似ており、証券取引所で株のように売買することができるのですが、原資産の裏付けがない有価証券となっています。

今回のVIXインバースETNというのは、“円換算したS&P500 VIX短期先物インバース日次指数への連動を目指す金融商品”となっています。

そもそものVIXというのは「恐怖指数」とも呼ばれる指数でインプライドボラティリティ(将来の価格変動)が上昇すると高まる指数となっています。VIXインバースETNはインバース(逆)なのでインプライドボラティリティが下がると、価格が下がるというETNになります。

早期償還条項に抵触

早期償還条項というのは投資信託や債券などに付与されている特約時効です。償還日(償還期限)の前にその投資信託や債券などを繰り上げ償還するための条件や決まりなどです。

今回の2049(NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN)は以下のリリースのように、前日終値の20%以下になると早期償還するという条項が付与されており、それに該当したようです。

即死条項といわれるやつです。

当該 ETN の対象指数である「 S&P500 VIX 短期先物インバース日次指数 」 (以下、「当該指数」 ) の米国市場に おけ る 日中 の 値 (終値 を含む ) が 、 その前日 の 当該指数値 の 終値 の 20 %以下となった場合、 当該 ETN はそれが実現した 日(「早期終了日」) の 10 営業日後の日に 早期償還されます。 2 月 5 日に当該指数値 が 、 2 月 2 日の当該指数の終値 1,342,587.30 の 20 %に相当する 268,517.46 以下に下落したため 、早期償還されることとなりました
引用元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180206464657.pdf

ちなみに、日本証券取引所のETN投資のリスクにも書かれていますね。

 

  • ETNは、価格が特定の指標に連動することを保証する債券(指数連動債)であり、償還期日を迎えると償還されます。また、指標値の急落等、一定の条件を満たすことにより早期償還される場合があります。 詳細は、有価証券届出書等の法定開示書類にてご確認ください。
    引用元:ETN投資のリスク

要するに、一日で80%以上価格が下がったら2049はその日の終値をベースに早期償還するね。って話になります。

 

2049:ETNの償還価格はいくら?

で、本ETNの償還価格は以下のようになっています。

受益権1口当りの 償還 金額 当該 ETN / JDR の 信託終了日現在の 保有者が受け取る 受益権一口当たりの償還金額は、以下となります。
受益権一口当たりの償還金額: 1,144 円

前日の終値は29,400円だったので、下落率は約96%になります。

2月6日:整理銘柄へと指定
2月16日:最終売買日
2月19日:上場廃止
2月21日:償還日
4月2日:償還金の支払い開始

スケジュールとしては上記の通りとなります。明日からは寄らずのストップ安が続き、償還価格付近まで下落するでしょう。

 

なんでこんなに下がるの?

そもそもVIX関連のETNはVIXの先物市場であり、また、大元(?)は指数オプション取引なわけです。VIXのインバース指数は大幅に下げましたが、逆にVIX指数は90%以上値上がりしているわけです。

このあたりって、コツコツドカンがすごいマーケットなので、完全にプロ向けです。

もしかしたら、2049の発行体がズルして(詐欺して)こんな価格で償還されたって思っている方もいるかもしれないので念のため。

一方で日本のETNなので、米国マーケットが崩壊する中、指をくわえてみるしかないってのは、これだけリスクが高い指数に投資する割には厳しいものはあったといえそうですが・・・・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。