楽天銀行で子ども名義の口座開設で1000円プレゼントキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天銀行で子ども名義(12歳未満)の銀行口座を作るだけで“必ず1,000円がプレゼント”されるお得なキャンペーンが2018年6月1日まで開催中です。

口座開設申込期間:2018年5月1日(火)10:00~2018年6月1日(金)9:59
口座開設完了期限:2018年6月30日(土)23:59
入金期間:2018年5月1日(火)10:00~2018年6月30(土)23:59

子ども口座を作っておきたい方などは是非とも活用したいところですね。

楽天銀行の子ども口座

楽天銀行は日本で2番目に誕生したネット専業銀行です。

口座管理はパソコンやスマートフォン(アプリ)から可能となっています。入出金はコンビニATMを利用します。

楽天銀行の評価・評判 | 金利・手数料比較
日本における最大のネットバンク。口座数No1!高金利の預金に安い手数料体系、充実したサービスなどはバランス感覚の高いネットバンクといえる。また、メルマネサービスやゴールドラッシュプログラムといった独自のサービスにも定評がある。

ネット銀行の中でも総合ネットバンクといえそうなフルスペック型の銀行になっているので、様々な用途に使いやすい銀行です。特に、楽天証券との連携も充実しており、資産運用などにも活用可能です。

 

口座開設で1000円プレゼントキャンペーン

条件は単純です。

  1. 子どもの年齢が12歳未満であること
  2. 申込期間(2018年6月1日9:59)までに口座開設手続きをして6月30日23:59までに手続きを完了すること
  3. 6月30日23:59までに1,000円以上を入金すること

これだけでOKです。要するに口座を作って、6月30日までに1,000円を口座に入金しておけばいいということになります。

ちなみに、親権者の方が楽天銀行の口座を持っていても、持っていなくても本キャンペーンは利用できます。

 

子ども用の銀行口座は必要?

私個人としては、子ども用の銀行口座を作ることには3つの役割があって使い分けるべきだと思います。

  1. 親が子どもの教育資金を積み立てる(親名義でOK)
  2. 子どもが自分のお小遣い等を管理するため(子ども名義がおすすめ)

基本的に、子どものためのお金だけど、子どもが自ら貯めたものでないお金(将来的には大学進学等で使いたいと考えている)であれば、あえて子ども名義にしておく必要はないと思います。

子供名義の銀行口座の作り方
最近は銀行口座を作るのも、不正利用などを防ぐために厳しくなってきています。ここでは未成年者の子供名義で銀行口座を作るための方法や必要な書類などをまとめます。子供名義の銀行口座を作る前にぜひご一読ください。

上記記事などにもある通り、子ども名義にしておく方が後々、使いたいときに面倒なことになる可能性があるからです。

その他のお小遣い管理のように子供に自分のお金を管理させたい場合などは子ども名義にするのも良いと思います。楽天銀行のようなネット銀行ならアプリで口座管理もできる上、利用状況に応じてメール送信をするといった設定も可能で、ご両親がチェックすることもできます。

 

今回の楽天銀行のキャンペーンは条件もゆるく、必ず1,000円もらえるというのは大きいので、気になる方は是非。

参考:楽天銀行公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。