楽天カードで投資信託が積立投資できるように。1%分のポイントも貯まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの楽天カードがグループのネット証券である楽天証券において投資信託の積立投資で楽天カード決済ができるようになります。予定では2018年10月27日となっています。

最大の特徴は、楽天カードでの通常のお買い物と同じように、カード決済分(投信積立分)に対して1%相当のポイント(楽天ポイント)が貯まる点ですね。投資商品の購入で手数料に対して○%のポイントが付くといったサービスはよくありますが、この場合、ノーロードファンドであっても1%のポイントが付くので実質的な割引販売になります。

楽天証券+楽天カードで1%ポイント還元

以下は公式ホームページ(楽天証券)からの引用です。

楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。 楽天カードクレジット決済では月額50,000円までを上限に、クレジットカード払いで投信積立を行うことができ、楽天カードからカード決済額の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。 12日までに申込を行った積立設定分を翌月1日(休業日の場合はその翌営業日)に買付け、その後、27日(休業日の場合はその翌営業日)に楽天カードの引落先の銀行口座から引き落とされます。本サービスはリボ払いの対象外です。

 

うーん、隙がない。というか、隙だらけというか。

楽天カードで投資信託が買えてポイントも貯まる。楽天証券と楽天カードが夢のコラボ
ネット証券の楽天証券が思い切ったサービスを2018年10月からスタートします。それはグループ会社でもある楽天カードを使って、楽天証券内で投資信託を購入することができるというサービスです。 これまでも買い付け代金を立て替えるという形では可能でしたが、10月か...

実際利用する人にとってはメリットしかないです。むしろ他のネット証券からすれば、投資信託積立をごっそり楽天証券に持っていかれてもおかしくないレベルのサービスです。

実際に楽天証券は楽天ポイントで投資信託の購入もできるので、投資信託の購入でもらったポイントを投資信託に再投資することもできちゃいますね。そうすれば複利でポイントが増えていきます。

 

月額5万円の積立設計で6,000円がほぼノーリスクで儲かる

それだけじゃなくて、普段からかクレカのポイント錬金術とか永久機関的なものを考えている層からしても魅力的なスキームになりそうです。ちなみに、月額5万円までなら月に500ポイントです。年間6000円は決して小さくないような……。

極論というか、やる人絶対いるでしょうけど、5万円分積立をして、すぐに換金すればポイント分だけ丸儲けになりますよね??どのファンドも対象なんですから販売手数料無料&信託財産留保額が無料で値動きのない国内債券系のファンドを買うようにすればいいだけです。

投資信託の手数料の種類や仕組み
投資信託の手数料には「販売手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」という三つの手数料があります。ここでは、投資信託の手数料の種類とそれぞれの特徴について分かりやすく説明していきます。

これだと楽天証券からすればポイントの持ち出しだけでまったく旨みもないと思うんですけど。

あと、このスキームで標的(?)にされたファンド側からしても資金流入と流出が一気に起こるのでめっちゃ面倒なことになりそうです。ファンドの運用会社から楽天証券が起こられるんじゃないですかね?

 

いずれにしても、投資家サイドからすれば、降ってわいたような大盤振る舞いです。楽天カードを持っていない方は「カード作成」を、また楽天証券に口座を持っていない方は「口座開設」を。2018年10月までに手続きしておくようにしましょう。

私はどっちも持ってますが、これを機に家族にも楽天カード+楽天証券作らせます。

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。