相場の雰囲気は悪い。ファイナンス警戒感。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の東京マーケットは日経平均は小幅マイナス、TOPIXにいたっては9日続落となりました。TOPIXの9日続落は約3年ぶりということです。。。相場の雰囲気としては機能に引き続いて、指数以上に下げているという印象が強いです。米国市場は比較的しっかりしていたのですが、中国株が下落する中、相場は値を保てませんでした。

ファイナンス警戒感高まる。

明日に受け渡しを迎える川崎汽船は公募価格から8%以上下となっています。本日の終値は115円。公募増資の発行価格は125円ですから公募的には大失敗といえるでしょう。野村証券が主幹事のANAの公募価格は184円で決定となりました。
昨日の大引け後に三百億円の増資を発表したユニー、CB(転換社債)の発行を決めたニチアスも大幅安。ニチアスは直近上昇基調が強かっただけに一時は370円のストップ安の水準まで売られる展開となりました。

ファイナンスに対する投資家の警戒感が非常に高まっていることが分かります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。