SBI証券が特殊注文を拡充、OCO注文、IFD注文、IFDOCO注文が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券最大手のSBI証券がついに、現物株取引に特殊注文を導入してくれます。OCO注文、IFD注文、IFD+OCO注文の3つです。リリースは2019年3月23日でこれ以降は、株の売買注文でこれらの特殊注文が使えるようになります。

特殊注文の使い道

SBI証券のメインサイトの他、株アプリ、HYPERSBIのいずれでも利用できるようになります。

  • IFD:買い注文→売り注文を同時に出せる
  • OCO:指値と逆指値を同時に出せる
  • IFD+OCO:買い注文→売り注文(指値+逆指値)を同時に出せる

という感じになります。

いずれも、IFDは買い指値が刺さったら、売り注文を自動的に出すといったリレー的な注文が可能です。

OCOは利食いと損切の両方を出せる感じですね。

IFD+OCOはその組み合わせとなります。こうした特殊注文ではマネックス証券やカブドットコム証券が先行していましたが、SBI証券も遅ればせながらですね。

特殊な株式注文方法が利用できる証券会社
株の売買注文方法といえば「指値」と「成行」の二種類ですが、最近では一部の証券会社を中心に様々な注文方法を提供しています。これらを組み合わせ・活用することで自動売買チックな取引をすることができます。

 

 

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。