dポイント投資が儲かる!攻略法の徹底で負けない投資も可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全に乗り遅れた感もありますが、dポイント投資というポイント投資(ポイント運用)があり、これが素晴らしい仕組みになっています。

投資には必ず“リスク”があるものですが、dポイント投資は、とある攻略法を利用すればノーリスクで運用が可能になります。

もっと早く知っておけば……という話ですが、まだ間に合います。うまいことやってdポイント富豪を目指しましょう。

dポイント投資ってなに?

ドコモのポイントである「dポイント」を運用して殖やすことができるサービスです。

投資対象となるのは、お金のデザイン社が運用しているTHEO(テオ)と呼ばれる投資信託です。

  • THEOグロースAI(株中心)
  • THEOインカムAI(債券中心)

という二つのファンドを組み合わせて運用します。「アクティブコース」と「バランスコース」という二つの運用コースがあるので、どっちかを選んで投資します。

投資は100ポイント単位でいつでも追加・引出が可能です。投資の結果は毎営業日の17時頃に更新されます。

dポイント投資の必勝法

重要なのは“いつでも追加・引出が可能”というところと“結果は毎営業日の17時頃に更新”というところですね。

通常の投資信託の場合、売り買いはリアルタイムではなく、翌営業日の結果で行われます。つまり、いくらになるのか売り買い時点ではわからないんです。

ただ、dポイント投資は「いつでも追加(要するに購入)と引出(売却)が可能」になっています。

また、前述のdポイント投資の投資対象である「THEOグロースAI(株中心)」「 THEOインカムAI(債券中心)」は米国ETFに投資をしています。

米国ETFは日本時間の午前6時頃(サマータイムは午前5時)にクローズします。なので結果はすでに分かっているわけです。これに当日の為替レートを掛ければある程度「上昇する」「下落する」といった予想が可能になります。

なので、仲値が確定する当日の10時ごろには、その日の17時にdポイント投資が上昇するか、下落するかが高い精度で予測可能なのです。

以上の点から、dポイント投資は、負けない投資にすることができます。上昇するなら追加しておけばいいし、下落するなら引出をすれば絶対に負けないわけです。

dポイント投資には追加上限がある

冒頭で私が「完全に乗り遅れた感もあります」と書いたのは、dポイント投資のポイント追加に上限ができたからです。

2018年12月17日いこうは「1日に追加できるポイント上限が2000Pまで」という制限が付いてしまいました(それまでは無制限)。

なので、100%の勝率で勝てても1%のリターンとして、投資額が2000Pならわずか20円(20ポイント)しか儲からないようになってしまったのです……。

ただ、使い道がなくなったわけじゃありません。

それは「THEO+docomo」を使うという手です。こちらの利用者は1日当たりの追加可能ポイントが5倍の1万ポイントになります。

なお、THEO+docomoというのはお金のデザイン社が提供しているロボットアドバイザー運用サービスです。運用を自動化してくれる投資サービスとなります。

こちらを利用すれば、dポイント投資がより効率的に行えるようになるわけです。

dポイント投資は前日の17時(投資結果判定)~翌日10時(上下確定)までの2日に渡りますので、1回の投資で2日分(2万ポイント)まで追加可能です。

1%なら200円相当という事になり、連騰した場合や土日を挟んだ場合はさらにポイントを追加できます(土日祝日もポイントは変動しないが追加可能)。

>>ロボアドバイザーで資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

 

この辺りは以下のサイトが詳しい感じです。

THEO+docomoはdポイント投資家にとって始める価値はあるか? - dポイント投資の攻略ブログ、後出しジャンケン投資
2018年12月17日のdポイント投資の改悪によって一日の追加ポイント数に2000ポイントの上限(縛り)ができました。 実質的には前日と当日の2回の追加チャンスがあるので倍の4000ポイントまでノーリスクで運用できます。ただ、4000ポイント(以降連騰するごとに2000ポイ...

そんな感じです。私も小額からですがdポイント投資を始めています。実はdポイント自体はドコモ契約分+dカードGOLDで数万ポイント分たまっていたので、ポイントの使い道としてもかなりお得感を感じてます。

関連タイトル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。