中国で3年ぶりに利下げ。金融緩和の実施。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国人民銀行(中央銀行)は7日に商業銀行に対する貸出基準金利と預金基準金利をそれぞれ0.25%を引き下げました。これはマーケット自体も予想しておらず、欧州株は大きく反応しました。一方で、唐突な利下げは中国国内での景気減速がもっと明確になってきているのでは?という憶測も出ているようです。

昨晩の欧州・NYマーケット

昨晩の欧州・ニューヨーク市場では、当初中国の利下げ報道を受けて大きく値を上げましたが、FRBによる金融機関に対する資本規制の発表が重しとなり、値を戻す動きとなりました。
NYダウ平均は一時140ドル高まで進みましたが、銀行への資本規制の発表、バーナンキFRB議長による追加金融緩和に対する踏み込んだ話がなかったことなどから金融セクターが売られる形で引けました。

 

今日の日本マーケット予想

本日は6月限月の先物・オプションのSQ算出日となります(メジャーSQ)。SQは相場の転換点となることが多く、本日の日経平均株価の終値がSQ値を上回って引けると翌週以降の相場が堅調となるアノマリーがある。よって、SQ値を引けにかけて上回れるかどうかが一つのポイントになるといえます。
外部環境が好転しかけている中、明確な戻りを見せてくれればさらなる上昇も期待できるものだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。