続伸するも、後場から急速に伸び悩む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8日の東京市場は続伸となりました。前場は値を伸ばし一時8955円に達したのですが、明日の日銀金融政策決定会合を見極めたいという動きや金融機関の持ち合い解消売りなどから急速に値を下げて、TOPIXに至っては一時マイナスとなりました。引けにかけて戻し、日経平均、TOPIXともに続伸となったわけですが、やや後味の悪い感じで引けた印象です。

海運などの資源関連株、国際優良株などが買われましたが、軟調な銘柄も見られました。また、業績下方修正を発表したパイオニアや大日本スクリーンなどは大幅安となりました。

ちょっと今後の動きは読みにくい展開ですね。
最近失望することが多い、金融政策決定会合を明日に控えており、ポジションを持ちにくい一方で、金曜日のSQをにらんだ思惑的な値動きもありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。