シャープに暗雲。鴻海の郭董事長、堺工場での会見をドタキャン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再建期待により株価が大幅に反発していたシャープ(6753)に暗雲がたちこめています。本日予定されていた鴻海(ホンハイ)の郭董事長のシャープ堺工場での会見がドタキャンされるという事態になりました。事前報道では、今回の来日、亀山工場視察に合わせて出資条件の協議を行い、本日会見で説明するとみられていましたが、会見のキャンセルという予想外の動きが起こっています。

どうなる金融支援?

会見のドタキャンはどう考えても、好意的にとらえることはできないですよね。
銀行による支援も鴻海(ホンハイ)との資本提携が前提というお話だったので、協議難航であれば株価的にもシャープの再建という意味でも暗い影を落としそうです。

ちなみに、本日のザラ場中、上昇していたシャープ株が14時40分ごろから突如大きく売られて下げる場面がありましたが、これは情報が漏れていたってことでしょうか。

 

※郭董事長が訪問したのは、堺工場でした。ブログ内では亀山工場としておりましたが誤りです。訂正してお詫び申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。