日本株だけ独歩安の展開。4日も日経平均は続落。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4日の株式市場ですが、本日も日経平均、TOPIX共に続落となっています。下げ幅はわずかですが、欧州市場などが好調だったにも関わらずの下げに日本株独歩安の展開となっております。米国金融緩和期待が円高を誘発することによる円高業績悪化懸念や大型上場となるJALによる資金需要なども大きな要因になるのでしょうか?JALといえばANA(9202)が本日170円を割ったかと思うと166円まで値を下げました。ソフトバンク(9984)も商いを伴って下げるなど悪影響も出ているようです。

JALによる資金需要

JAL(9201)の公募価格は上限なら3790円。売り出しとなる株数は1億3125万株になるので、資金額は約5000億円ということになるわけです。出来高が低迷している日本株式市場では直近7000億~8000億円しか売買高が無い状況では、このJALの売り出し資金のために換金売りが起こりやすい状況にあるといえるでしょう。
このため、直近上昇している銘柄については換金売りも出やすいと考えられます。
また、ANAについては投信によるリバランスの売りもあるでしょうから、そうした売りも出てきそうです。

まったく、相場全体からすればたまったものではないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。