NYダウ205ドル安にも、プラス引けする日経平均

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22日の株式相場は日経平均8円高の9010円と6日続伸。多くの投資家の方は本日プラス引けしたことを驚きをもって迎えている方が多いのではないでしょうか。先週末引け後の三菱商事の減益発表。ニューヨークダウが205ドルも下落したことなどを受けて、前場大幅安の水準で寄り付いたものの、徐々に下げ幅を縮めて最終的には前日比プラスにまで持ってきました。1日を通じてほぼ押し目なしという展開でした。

比較的堅調な円相場を好感

先週末の米国相場は大きく下落したものの、円相場は落ち着いており緩和期待なども奏功してか、ドル円は79円台、ユーロ円は104円台という状況が買い安心感につながったものとみられます。
また、三菱商事やJFEなどの減益予想があったものの、日銀による緩和期待による円相場の下落予想が相場を下支えしたものと考えられます。海外相場の下げには敏感に反応し、上げには無反応な日本株とこれまで散々皮肉っていたわけですが、意外な強さを見た1日です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。