日経平均は7日続伸。円相場80円台に入るも株式相場の動きは限定的。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23日の日経平均株価は小幅ながらも続伸。前日比3円高の9014円。日銀の金融緩和観測を手掛かりに円相場は1ドル80円台にまで下落し、輸出関連株を中心に買い戻しが入った模様です。しかしながら、上値は重く利益確定の売りに押されて一時はマイナスとなる場面もありました。今後は4-9月期の企業決算が本格化してきますので、こうした業績や円相場の動向などが株式相場に大きく影響するものと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。