日経平均大幅反発。追加金融緩和の実施観測で買い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

25日の東京株式市場は大幅反発。日経平均株価は前日比100.90円高い9055.20円と高値引け。朝方は米国株安を受けて木庭に下落して始まったものの、30日にも日銀が追加金融緩和策を実施すると報じられたことにより円相場が下落、輸出関連株を中心に買い戻しが入ったうえ、先物にもまとまった買いが断続的に入り株式相場を押し上げる形となりました。

緩和が相場の押し上げ要因となっていますが、かなり期待されているだけでに、市場が納得するレベルの緩和策が発表されない場合は大きな失望につながるリスクもあるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。