zozoタウンが送料無料&ポイント10倍。これじゃあヤマトの人に感謝できない><

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、zozoタウン運営会社「スタートトゥデイ(3092)」の前澤社長によるTwitter発言騒動がありましたが、同社は11月より送料無料&ポイント10倍という対応を見せた模様です。Amazon等競合対策としてはよろしいのでしょうが、個人的に一企業のトップが利用者のボヤキに対して痛烈に反応したこと事態が問題であって、もし今回の件をうけて送料無料にしたというのであれば迷走以外に表現しようがないと思うのですが…。

株式市場の反応は6%安。業績寄与への道筋を示す必要

スタートトゥデイの株価は発表後6%安。現状としては対応が裏目に出ている感じです。
同社の決算を見てみると、業績の悪化は販売管理費の増大によるものが大きな理由になっているようです。その状況下でさらに販管費を殖やす対応をとれば、よほどの売上増加に寄与しない限りはマイナスの要因が大きそうです。

販売価格についても、zozoタウンの価格はメーカー側(ブランド側)の定価販売で売っているようなので、値上げして利幅を増やすのは難しいでしょう。
同社が株式市場において評価されてきたのは、難しいといわれてきたファッション業界におけるECとしての成長力と高収益体質に他ならないわけで、販売管理費増大にともなって収益性が落ち込むようであればその成長性・収益性に黄色信号がともるものと思われます。

ただ、ECにおける送料無料化の流れはすすんでいます。果たしてこの送料無料・ポイント10倍という劇薬は同社にとって今後の成長性を左右する大変難しい選択・局面であるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。