Amazonも10%還元でzozoタウンを潰しにかかる。ファッションECは泥仕合に突入。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日「zozoタウンが送料無料&ポイント10倍。これじゃあヤマトの人に感謝できない><」にて紹介したとおり、送料ツイート事件後に一転送料無料を打ち出したスタートトゥデイ(3092)ですが、Amazonもこちらに対する対抗策を発表しました。従来より送料無料&30日間の返品送料無料サービスに加えて、約80のブランド商品を10%ポイント還元することを本日(11/7)に発表しました。送料無料でシェア拡大を狙っているAmazonが、zozoによる実質的な値引き対応に対して、同じく値引き対応によって返した形です。まさに泥仕合の様相となっております。

完全にAmazonのターゲットにされているファッション分野

これを見るかぎり、Amazonもファッション分野に対して並々ならぬ力を入れていることが分かります。電撃的なzozoタウンの10%還元&送料無料が発表されのは先週末の11/2で今回のAmazonの対応は11/7とわずか5日で対抗措置を出してきたわけです。

正直、スタートトゥデイは、難しいといわれるファッションECにおいて独壇場的に高利益率での販売が維持できていたため高く評価されてきたわけです。

が、実質的な値引きを始めることで雲行きはかなり怪しい感じになってきました。両社とも10%のポイント還元。実質的な10%値引きとなるわけです。競争が激化することによって利益率の低下は避けることができないわけで、今後のスタートトゥデイにとっては今後の対応策、付加価値の増大をどのように実現していくのかが課題となりそうです。

同社の株価はAmazonの発表によって一時はプラス圏での値動きだったもののマイナス方向へ。終値は-10 円(-1.16%)の845円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。