12月6日 日経平均は9500円台回復、「財政の壁」懸念が後退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京株式市場の日経平均株価は続伸。76.32円高い9545.16円と高値水準を回復。米国における「財政の壁」問題がやや後退したことを受けて米国相場が堅調だったことが買いにつながった模様。為替レートが円安方向に動くなどその他の外部環境も日本株にはプラスでした。

相場はやや過熱感が感じられる水準。サイコロジカルラインは75%、25日移動平均、騰落レシオも120%超。
かなり強い展開ではあるものの、ここから一気に上昇というには日柄調整も必要ではないかと思います。

キヤノン、ソフトバンク、トヨタ、三井住友、コマツ、シャープなどが買われました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。