REITが軟調、長期金利の上昇が影響。REITと金利の関係。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

REIT銘柄の動きが軟調ですね。大きく上昇を見せていただけにかなり強く売られている感じです。理由としてはすでに高値警戒感が出ていたところに長期金利の上昇による影響が出ているんでしょうね。

というわけで、今回は長期金利とREITについての関係を見ていきたいと思います。

REITは金利上昇に弱い

REITは基本的に、金利上昇に弱い商品です。理由は下記の2点

・金利上昇による他の金利商品との間での優位性の低下
REITはインカム収入(金利収入)が期待される商品ですが、金利上昇によって他の金利商品(定期預金や債券)などのリターンが上昇すると相対的な優位性が薄れてしまいます。「定期預金の金利」などと比較すると、まだまだREITの利回りは高水準ですが、さらに金利が上昇するとREITの利回りは高いねと思っていたのが、他の金利商品の金利も上がってきたので、イラネという感じになるわけですね。

・金利上昇によるREITの金利負担増加
REITは自己資本に加えて、多くの資金を銀行等から融資をうけてビルやマンションを買っています。そのため、金利が大きく上昇するとその利払い費用が増加することになります。結果的にREITの収益性が悪化することが懸念されるわけです。

参考:金利の変動とREIT投資のリスク

 

もっとも、インフレが伴う場合、REITが保有する不動産資産も価値が上昇することになるため、抗インフレ効果は高い商品です。今の下落は上がり過ぎた調整という意味合いも強いと思います。金利が急上昇でもしない限り過度な下振れはないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。