2020東京オリンピック関連銘柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020東京オリンピック決定おめでとう。
というわけで株式市場もそうとううかれていますね。持株にオリンピック関連銘柄があまりなかったのでそこまでの恩恵は受けていませんが、ゼネコンを筆頭にストップ高の嵐でした。REIT系も強かったですね。

今日は2020年東京オリンピック関連銘柄のまとめ。
自分自身の備忘録、管理用として。

オリンピック関連銘柄はなに?

関連銘柄は幅広いですが、やっぱり本命は建設と不動産の2業種でしょう。

建設
・鹿島
・大林組
・大成建設
・清水建設
といった大手ゼネコンが受注に有利かと思われます。このほか中堅ゼネコンなども物色されそうです。

不動産
・三井不動産
・三菱地所
・住友不動産
といった大手不動産のほか、
・東京テアトル
・よみうりランド
といった東京都内に不動産を多数抱えているところが強そうです。

このほかにも、アシックスやゼビオ、コナミといったスポーツメーカー、一休・東武鉄道・京成電鉄・JAL・ANAなどの旅行関連なども強みがあると考えられています。

本命は建設、不動産といったインフラ関連でしょうが、色々波及しそうで銘柄管理が大変そうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。