NISA口座で投資信託を買う時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nisa2013年10月1日からNISA口座の開設手続きが解禁となりました。皆さんは口座開設しましたか?NISA口座で売買を予定している金融商品のNo1は国内株ということですが、今回は投資信託を買おうと考えている方に一つの注意点を説明したいと思います。
それは、無分配型のファンドを選べということです。

投資信託を買うなら「無分配型」がベスト!

NISA口座で投資信託を買うなら無分配型を選びましょう。無分配型というのは分配金を外に出さずにファンド内に留保するタイプのファンドです。なぜか?

1.内部留保分は非課税枠の中に残り再運用される
内部留保として増加した価値は基準価額(ファンドの時価)の上昇として反映されます。その分はNISAの非課税枠に影響を与えません。運用型投信で主流の再投資型の場合、一度外部に出してしまいます。NISA口座なら分配金は非課税となりますが、その分配金を再投資するときは「新規投資扱い」となります。そのため、もし100万円の枠をすでに使っている場合は課税扱いとなります。

2.毎月分配型をNISA口座では買ってはダメ
一番ダメなのは毎月分配型のファンド。多くは基準価額を下げながら分配金を出しています。そのような分配金はそもそもNISA口座ではなくても「特別分配金」として非課税です。(その仕組については「投資信託と分配金の税金」をご覧ください)
なのでNISA口座内で買うメリットは一切ありません。

以上から投資信託をNISA口座内で買う時は無分配型のファンドを選ぶようにしましょう。
どうしても分配型がいいという方はNISA口座ではなく通常の特定口座内で買いましょう。

ちなみにNISA口座については「日本版ISA(NISA)のまとめ」記事が参考になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。