企業

ソーシャルレンディングみんなのクレジットに行政処分勧告。

資金の出し手と借り手とをインターネット上で結びつけるサービスで、個人投資家向けに高利回りの運用手段とされることが多い、ソーシャルレンディングというサービスがあります。

このサービスを運営している、「みんなのクレジット」が投資家から集めた資金を、融資先として説明していた業種ではなく、自社グループ企業に融資していたということで、証券取引等監視委員会が金融庁に行政処分勧告を行う方針なのだそうです。

続きを読む

コロワイドがフレッシュネスバーガーを買収。優待レバレッジ経営はどこまで続く?

コロワイドがすごいですね。居酒屋の甘太郎という九州在住民には聞きなれない居酒屋をチェーン展開している会社ですが、牛角のレインズやかっぱ寿司のカッパ・クリエイトなどを買収に買収を重ね、今度はフレッシュネスバーガーを運営するフレッシュネスも買収ですか……。

株価のバリエーションとしてはかなり割高といわれながらも、高利回りの優待で個人株主を味方につけて高い時価総額を維持して買収を重ねて巨大化していく。見事だと思います。

続きを読む

JR九州が上場に向けて株式を500分割。いよいよ上場に向けての環境整理

JR九州が、株式を500分割するそうです。
1株を500分割って相当という気もしますが、もともとJR九州は非上場で、そのまま上場すると1株当たりの価格がものすごいことになるので、500分割して、個人投資家も買いやすい価格にするということが目的なのでしょう。

発行済み株式総数は500分割前で32万株です。JR九州の時価総額は5000億円相当といわれているそうなので逆算すると1株当たり3000円くらい、IPO銘柄の株数は今は100株単位に決められているので最低投資額は30万円程度ということになりそうですね。

気になる公開価格ですが、東証は今日(9/15)に上場承認の見通しで上場日は10/25を予定しているそうです。もう少ししたら仮条件などの情報も出てくることでしょう。

JR九州のIPOは買いか?JR九州の事業内容や過去のJR上場、申込のポイント
JR九州のIPOが2016年10月に予定されるという報道が出てきました。2016年のIPOとしてはLINEに次ぐ規模になるものと予想されています。今回はそんなJR九州の上場に先立って、JR九州とはどのような会社なのか?ということや、業績の分析、同業である他のJR各社が上場し...

JR九州のIPOについては「JR九州のIPOは買いか?JR九州の事業内容や過去のJR上場、申込のポイント」がまとまっているので、こちらをご参照くださいませ。

 

 

任天堂が連日の大商い、7/20の売買代金は732,334,757円と過去最高更新

ポケモンGO期待で連日大商いが続いている、任天堂(7974)は7/20は大幅調整となりました。
一部界隈で本日に日本向けにリリースするといわれていましたが、配信されなかったことなどが影響した模様です。連日の株価上昇もあって、利益確定売りのよい口実となったとみる向きがあります。

下げ幅は-4005円で、昨日の上昇幅(+3990円)を完全に打ち消した格好となっています。
7/19、7/20と連日7000億円を超える売買代金があったことを考えると株価的には上に非常に大きな蓋ができた格好となっており、短期で昨日の株価を超えるにはそれなりのパワーが必要になりそうです。

続きを読む

任天堂がストップ高!ポケモンGoが米国で人気。Ingressにハマった自分としては怖い

go

ポケモンGoというスマホアプリの動きが堅調で任天堂の株価がストップ高になるなど非常に賑わっています。

7月6日夜に米国のiOSおよびandroid向けに公開されたポケモンGoは、5時間でランキング1位に浮上、この報道を受けて任天堂株は7/8に大幅高、続く土日開けの7/11にはストップ高を付けるなど1日で時価総額が6000億円も増加しました。

米国ではTwitterのアクティブユーザー数を抜くとか、米国人がメートルを学んだ(米国はヤードポンド法を採用)とか、ポケモンGoでリアルスタンドバイミーとか色々話題になっています。

続きを読む

トヨタの元本保証株は需要が多く、上限の株価1.3倍で価格決定

話題になったトヨタ自動車の元本保証株。株とはいいつつ債券じゃん!というご意見もありますが、非常に好評だったようで、7月2日終値の30%増しという上限額で価格決定に至りました。ここから3割増の株価というのは容易に想像できないわけですが、最低1.5%の利回り運用できる債券と考えれば、割が悪いということはないでしょう。

続きを読む

トヨタの新型株券(AA型種類株)は誰が一番得をする?

トヨタの新型株券は5年後の発行価格でのプットオプション(売る権利)が付与された株式です。財務的に余力がある「トヨタ自動車」だからこそできる発行なのでしょう。

投資家としての観点で見た時の説明は「トヨタの元本保証型の新型株(AA型種類株)のメリット、デメリット」が詳しいのでぜひご覧ください。
私も買えるものなら買いたいくらいの株式です。

続きを読む