企業

シャープ。ついに継続疑義か?今季最終赤字4500億円の見通し

1日発表されたシャープ(6753)の4-9月連結決算短信に「継続続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在している」と明記された。また、通期の赤字見通しを従来予想の2500億円から4500億円の赤字に下方修正となりました。昨日の「パナソニックの7650億円の赤字見通し」と比較すると小さく見えますが、現在のシャープから見ると相当な規模です。ただし、疑義注記ではないという点に一応注意が必要です。

続きを読む

野村證券 渡部CEOが引責辞任。インサイダー問題を受けて

野村ホールディングス(8604)の渡部CEOが辞任を発表しました。子会社の野村證券における相次ぐ増資インサイダー問題などの不祥事と、それに起因した主幹事外しなどの影響に責任をとる形となっております。不祥事の責任というよりも、それに伴って発生した業績への影響を最小限にとどめたいという印象ですね。

続きを読む