外為・為替

住信SBIネット銀行、米ドル外貨預金の手数料を片道4銭に引き下げ

住信SBIネット銀行は2017年8月より外貨預金の手数料を引き下げました。

1米ドルあたり 15銭以下⇒4銭以下
1ユーロあたり 15銭以下⇒13銭以下
1英ポンドあたり 40銭以下⇒28銭以下
1豪ドルあたり 30銭以下⇒25銭以下
1ニュージーランドドルあたり 30銭以下⇒25銭以下
1カナダドルあたり 40銭以下⇒25銭以下
1スイスフランあたり 40銭以下⇒28銭以下
1香港ドルあたり 7銭以下⇒5銭以下
1南アランドあたり 15銭以下⇒14銭以下

はい。特に米ドルはかなり思い切った値下げをしてきましたね!大変すばらしいことです。外貨預金はそもそも「外貨預金を絶対におすすめできない3つの理由」でも紹介されているように手数料水準が高すぎて、投資としての価値はほぼほぼ無いです。

4銭と安くはなりましたが、それでもDMM FXなら米ドルは片道0.3銭です。1/10以下です。ちなみに大手都銀は片道50銭とか普通なんで、住信SBIネット銀行は頑張っているけど、それでもまだ高いというのが本音です。

続きを読む

じぶん銀行の円定期セット預金は高金利に見えるけどリスクがあるからご注意

円定期セット預金  じぶん銀行

じぶん銀行がやっている口座開設キャンペーンが「円定期セット預金」です。上のバナーが参考画像です。3カ月満期の定期預金の金利が大きくアップするというもので、マイナス金利に沈む円定期預金の市場においてはかなり高金利の預金となっています。
ただし、注意したいのは3カ月定期預金とセットになっている「スイッチ円定期預金」というものです。

このスイッチ円定期預金は「円定期」とありますが、事実上の外貨預金に近い性質であり、元本割れする恐れのある金融商品ですのでご注意ください。

続きを読む

スイスフランが暴騰というよりもジャンプ。大荒れ。

スイス中銀は無限介入ともいえる自国通貨(スイスフラン)への介入(1ユーロ=1.20フラン)を明言し実行してきました。昨日までは…。そして、それをいきなり解除(ゆるやかに解除とかじゃなくて)、さらにスイス中銀の預金金利をマイナス0.25%からマイナス0.75%へとさらなる引き下げを発表。結果として為替相場は瞬時にレートが飛ぶ自体となりました。

続きを読む

FXで死人がでる理由

死人というのは極端な表現ですが、FXで大損をしてしまったという話などがブログやニュース、掲示板などで出てきます。特に為替レートが1円単位で動くような相場の時には「ぎゃああああ」という悲鳴がこだまするわけです。今回はなんでこんなことになるのか?についてまとめたいと思います。

続きを読む

バイナリーオプションが規制へ

FX取引会社が次の収益源としてサービスを展開していた「バイナリーオプション」ですが、内容についての規制が入る模様です。従来まであった為替相場が上昇するか、下落するかという単純な二択方式の禁止、判定時間十分にないバイナリーオプションは禁止と、現在存在するほとんどのバイナリーオプションにNoを突き付けた形となります。まあ、賭博性が強すぎるっちゃあ強いですからね。規制強化については既定路線ではあったものの、どのような形で新しいFXバイナリーオプションを提供することになるのでしょうか?

続きを読む

某首相のようなことをやるドラギ総裁。ドラキ発言とは何だったのか。

いやー、昨日のECBの結果には大変びっくりしましたね。先週ドラギ総裁は「ユーロ存続のためにあらゆる手段をとる」と発言。これを受けて投資家は欧州株を買いました。この発言で投資家は「南欧国債買い取りを宣言するもの」と考えた向きがあります。しかしながら、実際には政策金利を0.75%に据え置き、国債購入に関しての具体的な話はでませんでした。
まるで、トラストミー、実は腹案がある、などと言っておきながら、いざ決断の段になるとあやふやにする某首相のようです。

続きを読む

中国人民元の外貨預金取り扱い銀行が増加

中国経済は減速懸念が渦巻いていますが、人民元に対する投資意欲は高いようです。三井住友銀行が人民元建ての外貨普通預金および外貨定期預金の受付を昨日(7/23)より開始したということです。人民元については三菱東京UFJ銀行傘下の「じぶん銀行」でもすでに開始されており、今後も取り扱い銀行が増える予定ということです。

続きを読む