住宅ローン

晩婚化に伴う住宅ローンのプランニングの注意点と老後破産

先日テレビでも取り上げられた「老後破産」というもの。老後破産というのは生活保護水準以下の収入しかない状態の高齢者とNHKスペシャルで紹介されていました。この老後破産に至る過程については様々な原因があるでしょう。中には事件事故や大病などのように偶発的な事故のようなものもありますが、事前の対応によって回避できるものもあります。今回は老後の家計が苦しくなる原因の一つとして今後増えそうな「住宅ローンのプランニング」について考えていきたい思います。

続きを読む

加熱する住宅ローン金利競争、10年固定で1%割れも。金融庁調査。

長期金利が2015年1月に0.1%台を付けたことなどもあり、2月の住宅ローン金利はさらに下落傾向となりました。「2015年2月の住宅ローン金利ランキング」によると、住信SBIネット銀行の10年固定金利が始めて1%を割る水準になったようです。こうした金利低下は長期的な銀行の収益性の低下にもつながるため、金融庁も調査を開始したようです。

続きを読む

2013年年末に向けての長期金利の見通し

Quickが調査した日本の長期金利に関するコンセンサスが発表されました。長期金利の動きに関しては低下傾向は続くという見通しが多く、特に12月に向けて下落すると分析する専門家が多いようです。一方でその後は反転する可能性もあるという見方も多いようです。今後住宅ローンや円債への投資を考えている方は留意すると良いでしょう。

続きを読む

日経新聞朝刊が消費税と住宅ローン減税で誤った解説

2013年6月18日の日経新聞朝刊において住宅ローン減税と消費税増税について誤った、もしくは誤解を生む可能性が高い記事が取り上げられていました。

 好調の背景にあるのはまず、14年4月からの引き上げが予定される消費増税に伴うメリットだ。9月末までに契約を済ませ、扉や壁紙などの内 装を変える工事を発注すれば、入居が4月以降になってもマンション価格を含め全体に5%の税率が適用される。そのため9月までに契約しようとの意識が働い ているようだ。

 さらに来年4月以降の入居であれば、住宅ローン減税拡充の恩恵も受けられる。税額控除額が10年間で最大400万円と2倍に増える。現在販売中のマンションの多くは入居は来年4月以降のため、消費者は経過措置と減税の2つのメリットを同時に得られる

上の部分ですね。特に太字にしている部分です。

得られません。消費税が5%のままだった人(2013年9月末までの経過措置対象物件を購入した人)は、住宅ローン減税は拡充前の最大200万円までが適用されます。一応控除も受けられますが、拡充された控除(400万円)は無理です。間違えないようにしてくださいね。

参考
住宅ローン減税は消費税増税物件のみに

都市銀行が短期固定金利の住宅ローン金利水準を大幅引き下げ

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行がそれぞれ住宅ローンの固定金利のうち、短期固定型の金利を大幅に引き下げて変動切りの金利水準を大幅に下回る水準に設定しました。三菱東京UFJ銀行が1年固定を0.50%、三井住友銀行が3年固定を0.60%、みずほ銀行が2年固定を0.55%にそれぞれ設定しました。

かなり大幅な金利の引き下げとなりました。その理由と住宅ローン利用者として覚えておきたい注意点をまとめます。

続きを読む

マンション広告の変動金利・35年の住宅ローンを借りれる人って…

分譲マンションとか戸建販売とかのチラシを見ると、「今の家賃とお比べください!月々の返済額9万8千円」みたいな広告コピーが躍っています。確かに今の家賃よりも安いし広い。これで夢のマイホームが買えるなら…と思うかもしれませんが。小さく変動金利・35年ローンなどと書かれているわけであります。こんな非現実的なローンシミュレーションで出されてもねぇと思うわけですが、これに引っかかってしまう人も多いと聞きます。

続きを読む

固定金利を中心に住宅ローン金利が一段安

住宅ローン金利の低下が進んでいます。これまではネットバンクを中心に変動金利を中心とした引き下げが目立ってきましたが、10年国債金利の低下などを受けて、住宅ローン固定金利の主力である10年固定金利のローンも下がってきました。三菱東京UFJ銀行は10年固定金利で1.4%(金利優遇適用後)となっています。

続きを読む