保険

確定拠出年金は定期預金(元本保証商品)ではだめなのか?

個人型確定拠出年金(iDeCo)や企業型確定拠出年金は加入者が自分で何で運用するかを決めることになります。

その中でマネー本などでは投資信託などの運用商品での運用がベストで、定期預金を始めとした元本保証商品はダメだと書いているケースが多いですね。今回はそんな確定拠出年金での元本保証商品運用についてメリット、デメリットをまとめていきます。

続きを読む

iDeCo普及のための協賛金は1金融機関あたり5000万円?

個人型確定拠出年金についての愛称がiDeCo(イデコ)に決まったという話を先日書いて、そんなことに金使うんじゃないよと書いたわけですが、来ましたよ。

個人型確定拠出年金がiDeCo(イデコ)とかいう覚えにくい愛称に決まった模様
税制上のメリットが大きいと知られている個人型確定拠出年金ですが、普及促進のための愛称としてiDeCo(イデコ)という名称に決めたそうです。・英語表記の individual-type Defined Contribution pension planの単語の一部から構成され、個人型確定拠出年金をうまく...

週刊ダイヤモンドによると、厚生労働省が金融機関に対して制度普及のための協賛金として5000万円払えという請求(?)が届いたそうです。

続きを読む

運用性の高い特定保険契約の手数料開示、都銀が対応を開始。地銀は反対。

マイナス金利政策によって銀行の収益性(利ざや)が減少している中で、銀行にとっての大きな収益源となっているのが特定保険契約といわれる運用性の高い保険です。外貨建て保険に代表されるような保険で、元本割れのリスクがありますが、一方で運用性も期待できるような運用商品となっています。

続きを読む

保険会社の競争原理が働く時代は来るのか?

バンガードのETFがさらに日本の信託報酬に当たる経費率を引き下げました。代表的な銘柄であるVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)で経費率は0.18%から0.17%に下げられました。

日本国内でも、インデックスファンドを中心に信託報酬の引き下げが進んできています。たとえば、eMAXISシリーズ、SMTインデックスシリーズなどは頑張っていますよね。アクティブファンドについては4%台の信託報酬を取るファンドもありますが、全体的な状況としては手数料引き下げムードなのは間違いないです。

そんな中で開示が弱く、不透明なのは保険業界です。
多くの保険会社は保険の事業費率を公開していません。なんで公開しないんでしょうかね。最近、保険ショップの手数料問題なども出てきていますが、こうした手数料もすべて保険会社の事業費の中にくみこまれています。そして、その事業費は「付加保険料」という形で契約者が支払っているわけです。

事業費を節約できれば付加保険料が下がり、保険加入者の支払う保険料は安くなる。こんな単純な話なのにこうした事業比率(付加保険料)の開示が進まないのは、業界の大きな問題ではないかと思います。

続きを読む

金融庁が保険ショップ(乗合代理店)の手数料の実態調査に乗り出す

急増している保険の乗合代理店(保険ショップ)があります。大手だと「保険クリニック」や「みつばち保険ファーム」などが代表的ですね。また、店舗型ではないFP無料相談(訪問相談)というケースも無店舗型ではあるものの内容は似ています。保険ショップは中立を謳いますが、その収入源が保険会社からのコミッション(手数料)である以上、本当の中立性があるかは疑問です。

続きを読む

確定拠出年金が使いやすくなる。公務員、主婦も加入可へ

個人型確定拠出年金の使い勝手が大幅に改善されそうです。厚生労働省が提示した案によると、「従来は加入できなかった公務員・主婦・企業年金のある会社員も加入可能に」さらに「転職時に持ち運びもしやすいように改善」という2つの点が改善されるようです。

とくに、個人型確定拠出値金に加入していた人が、会社に企業年金(確定給付年金)があるような会社に転職した場合、確定拠出年金が浮いてしまう。という点は「個人型確定拠出年金のメリット、デメリット」などでも大きなデメリットと指摘されていましたが、これが改善されるのは良いことだと思います。

続きを読む

確定拠出年金を個人で加入する時に気をつけたい転職問題

株高の影響もあって、確定拠出年金に対する問い合わせも増えているそうです。
確定拠出年金は会社で加入する「会社型」と個人で加入する「個人型」の二つがあります。今回はそのうち、個人型の確定拠出年金について加入する時に絶対に抑えておきたい注意点をまとめます。

続きを読む