市況・マーケット予想

20日 東京市場は5日ぶり反落。利益確定の売りに押される。

20日の東京株式市場、日経平均株価は5日ぶりに反落となりました。10.56円安い9142.64円で引けました。朝方は米国株高もあり、一時9200円台を回復する場面も見られましたが、ほぼ寄り天状態で利益確定の売りに押される形となりました、輸出関連株、金融株など直近の相場を引っ張ってきた銘柄の下げが目立ちました。円安が一服状態となっているのも影響した模様です。

続きを読む

16日。政権交代を前に買いが先行。日経平均9000円台回復。

16日の東京株式市場は昨日の流れを引き継ぎ、3日続伸。終値は194.44円高い9024.16円と9000円台を回復。200円近い大幅高となりました。政権交代による金融緩和策の協力推進等の政策が打ち出されるという期待感から買いが集まりました。特に日経平均先物に対する断続的な買い注文が入ったことで一段高。特に銀行、証券、不動産といった金融緩和による恩恵を受けやすい業種に買いが集まりました。

続きを読む

15日。解散・金融緩和観測で大幅高。8800円台を回復

15日の東京株式市場の日経平均株価は大幅高。164.99円高い8829.72円の高値引け。前日の引け後に野田総理が16日に衆議院を解散すると表明したことを好感して上昇、さらに新政権による日銀に対する金融緩和圧力に関する思惑からドル円が売られ円安方向に動いたことも相場は好感した格好。輸出関連株のほか不動産株なども買われ、ほぼ全面高の様相となりました。

14日。8日ぶり反発も上値を追う展開にはならず。引け後、解散思惑で日経先物は上昇。

14日の東京株式市場の日経平均株価は8日ぶりの反発。ただし、前日比3.68円高と上昇幅はごくわずかで8664.73円で引けました。自律反発狙いの買いが下値を支える一方で、積極的に買いあがる材料があるわけではなく、上値は限定的。国内では衆議院の解散が16日との見方が広まっており、先物市場では引け後、先物が急伸。12月限月の日経平均先物価格は17時30分現在8750円とマーケットは歓迎している模様です。

続きを読む

13日の東京市場は小幅ながら7日続落。方向感は乏しい。

13日の東京株式市場も続落。日経平均は15.39円安い8661.05円。円相場が続伸しドル円が79円台前半に付けたことなどから日本株が売られました。方向感は乏しいものの徐々に下値を切り下げており、引け際に下げ幅を縮めたものの、雰囲気はよろしくないですね。ちなみに7日続落は7か月ぶり。売買代金も8486億円と低水準。そろそろ反転してもいいとは思うのですが、なかなか参加者も少なくエネルギー不足を感じます。

12日、日経平均は6日続落で8700円割れ。

12日の東京株式市場の日経平均株価は6日続落となる81.16円安い8676.44円で引けん最多。約1か月ぶりとなる8700円割れの水準です。日本企業は業績不振が目立つうえ、米国財政の壁を意識した警戒感の高まり、欧州債務危機の再燃による円相場の高止まりが響いた格好です。また、国内7~9月期GDP(国内総生産)成長率が年率換算で前期比3.5%減と、予想通りではあるものの個人消費や設備投資の落ち込みが目立ったことから改めて売り材料とされた可能性もあります。東証一部の売買高は7490億円と3カ月ぶりの低水準、新安値銘柄も87銘柄と多く、相場心理の悪化が目立ちます。

続きを読む

東京株式市場は1週間を通じて続落。先行き不安が台頭。

9日の東京株式市場の日経平均株価は5日続落の79.55円安となる8757.60円で引けました。今週は1週間にわたって毎日下げたことになります。約3週間ぶりの安値水準となっています。米国株式市場が大幅続落となったほか、円相場の強含み、ギリシャ向け支援に対売る悲観的な見方などが影響し下げトレンドとなっているようです。ただ、下の方では買い拾う向きもあり、日本株式市場は一定の底堅さは保っている模様です。一方の米国株式市場は約3カ月ぶりの安値水準に沈んでおり、財政の壁問題がかなり強く意識されていそうです。

続きを読む

8日の日経平均は米株安を受けて135円の大幅続落。

8日の東京株式市場における日経平均株価は4日続落。135.74円安の8837.15円と大幅安。米国大統領選挙が終了し上院下院のねじれなどを嫌気する形で米国株が大幅安になったこと受けて急落。東京市場でも売りが先行する形となりました。円相場が円高方向に動いたのもマイナス要因。東証一部銘柄の約8割が下げるというほぼ全面安の様相となりました。

続きを読む

7日の東京市場、日経平均は小幅続落。

本日の東京株式市場での日経平均株価は小幅ながら3日続落となりました。米国大統領選挙については日本時間の13時頃にオバマ氏の再選が報じられたものの株価への影響はほとんどなかった。TOPIXは反発となっています。売買高は1兆1201億円と1兆円の大台を超えた。重要イベントの米国大統領選挙は終わりましたが、まだまだしばらくは方向感のない相場展開が続きそうです。

6日、日経平均は小幅続落。米大統領選を控え様子見ムード。

6日の東京株式市場の日経平均株価は続落。32.29円安の8975.15円。本日日本時間の夜間に控えている米国大統領選挙の投開票を控えており、様子見ムードが広がっているようです。円相場が79円台にまで円高方向に進んだのも材料視されているようです。一方で、下値では買いが入り底堅さを感じる展開ではありました。売買代金は9100億円と1兆円割れの水準。

続きを読む