2012年 12月 の投稿一覧

12月27日 日経平均は年初来高値を更新!

27日の東京株式市場における日経平均株価は3日続伸。終値は10322.98円、年初来高値を更新して東日本大震災以来の高値水準をつけることになりました。安部総理が経済再建を優先課題としてあげたことなどを改めて好感した形です。為替レートも1ドル85円台後半と円安が一段と進行しており株高につながったもようです。業種では証券商品先物、不動産などが強い。

東証一部の売買代金は1兆6146億円と非常に高く、売買エネルギーの高さが伺えます。まさにご祝儀相場といった感じです。
この相場に乗れていない人は歯がゆい思いをしている方も多いのではないでしょうか・・・。

12月26日 日経平均は大幅続伸。10200円台を回復。9か月ぶり。

26日の東京株式市場は大幅に続伸。日経平均株価は150.24円高の10230.36円と高値引けでした。約9か月ぶりの10200円台となった模様です。為替が円安に動いたことで輸出関連株に買いが入り、さらに先物主導で値を上げていきました。特に強かったのは消費者金融、アイフル+50(+10.62%)は500円台、アプラス+28(+36.84%)は一時ストップ高になるなど消費者金融全面高の勢い。

消費者金融は金を借りる所じゃなくて、金を預けておくべきところだったのかー。。。

他には野村ホールディングスやシャープ、ファナックなども強かったです。先日キングスライムばりの6社経営統合を発表した飯田系パワービルダーも軒並み大幅高となりました。

12月25日 前週末比140円高。売買活況を受け証券株が上昇

東京株式市場の日経平均株価は反発。前週末比で140.06円高い10080.12円と1万円台を回復。為替水準がさらに円安方向に進み、輸出株や金融緩和期待を受けての証券株、不動産株も買われました。また、証券株については直近の出来高急増に伴う好業績期待も織り込まれているようですね。

12月20日の株式相場

20日の東京株式市場は121円の大幅安。前日の米高株式相場が反落となったことが原因で売りが先行。昨日の株式相場が大幅高だったことから利益確定の売りが優勢となったもようです。後場にかけては円相場が強含み1ドル83円台まで円高が進んだことなどから下げ幅を拡大。

東証一部の売買代金は2兆856億円と高水準。東証1部の値下がり銘柄数は801、値上がり銘柄数は752とまちまちの状況でした。
個別銘柄では証券会社による投資判断引き下げが行われた日産自動車が大幅安、ファナックやソフトバンクなどの日経寄与度の高い銘柄の下げも目立ちしました。一方で三菱UFJフィナンシャルグループ、野村ホールディングス、トヨタ自動車などは年初来高値を更新しました。

12月18日 日経平均は続伸。終値で9900円を回復。

18日の東京株式市場で日経平均は続伸となりました。株価は終値で8カ月ぶりの高値。幅広い銘柄に買いが入る形となりました。後場にかけて利益確定の売りも目立ち相場はやや小康状態となったものの、高い水準をキープしております。売買代金は1兆7423億円と相当高い水準です。これだけ売買エネルギーがあれば日経1万円突破も全然無理じゃなさそうですね。

続きを読む

自民大勝で麻生フォームクリート株がストップ高。なぜ読めなかった…

自民党が選挙に大勝したことで、様々な思惑が生まれ相場も動きましたね。原発再稼働期待で電力株全般が買われ東京電力がストップ高になりました。他にも自民党銘柄があったようで代表的なのが「麻生フォームクリート(1730)」。麻生グループで軽量盛土など気泡コンクリート工事の最大手、ということです。こちら本日ストップ高買い気配となっております。

続きを読む

12月17日 自民党大勝で日経平均は続伸。一時9900円台に。

総選挙翌日の17日株式相場は反発。日経平均は9828.88円(91.32円高)と約8か月ぶりの高値水準。衆院選において自民党が大勝したことを受けて、大幅な金融緩和・景気刺激策への期待が高まり為替相場が1ドル84円台まで低下したことなどを受けて主力株に買いが集中。一時9900円台を回復する場面もありました。東証1部の売買代金は概算で1兆5343億円と高水準でした。

続きを読む

12月13日 円全面安で大幅続伸、日経平均9742円にまで上昇

13日の東京株式市場は大幅に続伸。前日比161.27円高の9742.73円と8カ月ぶりに9700円台を回復。米ドル、ユーロともに大きく下落し、輸出関連株に買いが広がる形となりました。また金融緩和期待から不動産や銀行、証券なども買われ堅調に推移しました。昨晩のFOMCではFRBが量的緩和の拡充を決定し、これにより日銀も追従して追加の金融緩和策を実施するのではないかとの思惑が広がりました。欧州でもEUによる銀行の監督一元化で合意と報道されユーロ買いにつながった模様です。

続きを読む

バイナリーオプションが規制へ

FX取引会社が次の収益源としてサービスを展開していた「バイナリーオプション」ですが、内容についての規制が入る模様です。従来まであった為替相場が上昇するか、下落するかという単純な二択方式の禁止、判定時間十分にないバイナリーオプションは禁止と、現在存在するほとんどのバイナリーオプションにNoを突き付けた形となります。まあ、賭博性が強すぎるっちゃあ強いですからね。規制強化については既定路線ではあったものの、どのような形で新しいFXバイナリーオプションを提供することになるのでしょうか?

続きを読む

サイバーエージェントがFX部門をYahooに売却。破格の210億円

サイバーエージェント(4751)の傘下FX会社「サイバーエージェントFX」をヤフー(4689)が買収すると発表。買収額は約210億円で取得、完全子会社化するとのことです。報道では、ヤフーは収益の柱としての金融事業としてFXを見ているということですが、FXの成長が見込めたのって数年前じゃないのって思うのは私だけではないはず。レバレッジ規制後は、FX各社もバイナリーオプションなどの新しい取引に手を出しているし、210億円での買収は高すぎやしないかなぁと思うわけであります。

続きを読む