2015年 5月 の投稿一覧

晩婚化に伴う住宅ローンのプランニングの注意点と老後破産

先日テレビでも取り上げられた「老後破産」というもの。老後破産というのは生活保護水準以下の収入しかない状態の高齢者とNHKスペシャルで紹介されていました。この老後破産に至る過程については様々な原因があるでしょう。中には事件事故や大病などのように偶発的な事故のようなものもありますが、事前の対応によって回避できるものもあります。今回は老後の家計が苦しくなる原因の一つとして今後増えそうな「住宅ローンのプランニング」について考えていきたい思います。

続きを読む

日本とアメリカの売れ筋投資信託の違い。日本の投信はボッタクリ。

投資情報会社のモーニングスターがまとめた、日本と米国における投資信託の売れ筋商品の違いについて5/27の日本経済新聞で報道されましたので、こちらまとめていきたいと思います。毎度批判的で恐縮ですが、やはり日本の投信の販売スタイルは腐ってるなあと思わせる内容でした。

続きを読む

2015年度分から13年経過の自動車の自動車税が15%へ

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に対してかかる税金となっています。この自動車税平成27年からは、初度登録年月日から13年以上(ディーゼル車は10年以上)経過している者に対して15%アップされることになっています。

対象車両
ガソリン車やLPG車:4月1日現在、13年を経過したもの(初年度登録:平成14年3月以前)
ディーゼル車:4月1日現在、10年を経過したもの(初年度登録:平成17年3月以前)
※平成27年度分の自動車税のケース。

続きを読む

ラップ口座が4兆円超え。それならバランスファンドでも買えばいいんじゃない?

個人投資家が証券会社に投資を一任するラップ口座の口座数、残高の伸びが大きいです。昨年1年間で3倍弱に広がっており、残高はなんと4兆円にも達しているということです。その中でも増えているのは「ファンドラップ」と呼ばれる、投資信託への投資を一任するというタイプのラップ口座です。それならそんなん通すんじゃなくて、バランスファンドでも買えば?というのが私の考えですが、なぜ皆さんファンドラップで運用するんですかね。

続きを読む

日本の投資信託の本数は5587本。無駄なファンドが多すぎる

2015年5月21日、日経新聞朝刊。

日本の投資信託の本数は5587本。どれだけ沢山の投資信託が販売されているかということが良く分かりますね。5587本という本数は多すぎだと思います。また、こうしたファンドには明らかにかぶっており、さらに手数料などのスペック的に見ても確実に劣るものも多数あります。

続きを読む

家計の金融資産(貯蓄額)が1798万円と2002年以降、最高を更新

総務省が5月19日に発表した2014年の家計調査によると1世帯の貯金や株、投資信託、債券などの金融資産の合計額は2013年比で3.4%増加して1798万円となったそうです。金額だけを見ると大きく感じますが、これは極端な数字にも引っ張られますので中央値はもっと低いはずです。今回はこの総務省家計調査の数字を色々見ていきたいと思います。

続きを読む