SBI証券

【NISA枠に残りがある人向け限定】SBI証券でのIPO申し込み・購入でSBIポイントプレゼント

SBI証券が一風変わったキャンペーンを実施しています。

2018年11月21日~12月28日までに、SBI証券の「NISA申し込み」でIPOに当選して購入した方の中から抽選で15000名に100ポイント(SBIポイント)をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

実質「ソフトバンクのIPO」に完全に照準を絞ったキャンペーンとなりますね。

続きを読む

ソフトバンクのIPOに関するアンケート回答で200SBIポイントプレゼント

SBI証券でアンケートに回答するだけでもれなく200円相当のSBIポイントがもらえてしまうキャンペーンが実施されます。

アンケートの内容は「ソフトバンクのIPOについて」となっています。とはいっても複雑な内容ではなく、動画を見て回答するだけです。ちなみに、動画は30分くらいの長編ですが、全部しっかり見ないとダメというものではなく、スキップも可能です。

もれなくもらえる200ポイントなので有効に活用しましょう。ちなみに、SBI証券の口座保有者限定となりますので悪しからず。

続きを読む

SBI証券の貴金属投資に銀投資が仲間入り。取引手数料キャッシュバックキャンペーン開始

ネット証券のSBI証券は「純金投資」「プラチナ投資」のサービスを提供していますが、2018年10月に銀投資(シルバー投資)のサービスも開始しました。サービス開始を記念して取引手数料の全額をキャッシュバックするキャンペーンをやっています。

銀は金やプラチナと比較して単価は安いですが、値動きが大きいため、短期売買等で利益を出したい人には向いています。

続きを読む

<2018年7月13日まで>SBI証券がIPOチャレンジポイントの増量キャンペーン!1回の落選で5ptプレゼント

メルカリのIPOも終了しましたが、ネット証券最大手のSBI証券がIPOチャレンジポイントの大盤振る舞いキャンペーンを実施します。

IPO投資家としてはうれしい反面、これでますますIPOチャレンジポイントのインフレが起きるんだろうなぁと思ってしまいます。

続きを読む

SBI証券でマイナンバーの早期登録キャンペーン実施中、2018年6月30日まで登録で100ポイント

大手ネット証券のSBI証券がマイナンバーの早期登録キャンペーンを実施します。

すでに証券会社の口座開設にあたってはマイナンバーの登録が“必須”になっているのですが、既存ユーザーに対しては2018年末までの登録が必要になっています。その前倒しとなるキャンペーンですね。すでに登録しているユーザーは対象外です。

提供されるのはSBIポイント。

続きを読む

SBI証券がSBBO-Xサービスを2018年4月2日開始、立会外取引も可能に

大手ネット証券のSBI証券が、2018年4月2日よりSBIプライム証券と連携して「SBBO-X(エスビービーオークロス)」という現物株式売買サービスを開始することになります。

松井証券が株取引のベストマッチ(価格改善サービス)を開始
大手ネット証券の松井証券が、2018年3月に価格改善サービス(ベストマッチ)というサービスを開始すると発表しました。かねてより、SBIジャパンネクスト証券のPTS取引(私設取引システム)への接続を表明しておりましたが、PTSだけでなく、ダークプールと呼ばれる立...

松井証券のベストマッチと同様に、立会外取引(ダークプール取引)も利用したSOR注文が可能になるというサービスです。

続きを読む

SBI証券が米国株式・米国ETFの定期買付サービスを開始、NISA口座に最適!?

ネット証券、最大手のSBI証券は米国株式・ETF定期買付サービスを開始しました。

サービスでは日付指定(1~31日)、曜日指定(月~金)、年二回のボーナス月の設定が可能です。毎月給料日後に買付けたい、米国雇用統計や毎月の経済指標発表等のイベント後に買付けたいといった場合に、忘れることなく効率良く買付けいただくことが可能で、投資初心者の方にも利用しやすいサービスであると考えております。

要するに米国株や海外ETFなどを任意のタイミングで積立投資ができるってことですね。海外ETFの中には長期の積立投資に適したものもあるので、そうしたニーズがある方にむいている投資サービスといえそうです。

続きを読む

SBI証券でつみたてNISAで2000円があたるキャンペーン

大手ネット証券のSBI証券で2018年1月1日~2月28日まで、つみたてNISA開始記念のキャンペーンを実施します。

SBI証券に口座開設をして、つみたてNISAを申し込みをして、2万円以上振替をすると抽選で2000名に2000円のプレゼントが当たるという事です。さらに、2月末までにつみたてNISAで投資信託の積立設定をしていれば当選確率が2倍になります。

続きを読む

SBI証券が小額売買手数料を無料にするけど、注意点もある

日経新聞によるとSBI証券が2017年9月より国内株の売買手数料を一部無料化するようです。

SBI証券は9月から、1日あたり10万円以下の国内株式の売買について、委託手数料を無料にする。従来は税込みで103円かかっていた。手数料の引き下げによって、少額での取引が多い若年層や投資初心者を取り込む狙いだ。   対象となるのは、1日あたりの約定代金で手数料を計算するプランの利用者だ。最低投資金額が10万円以下の日本株は約1300銘柄で、全上場銘柄の3分の1程度を占める。

というわけです。実際にSBI証券からのアナウンス(9/4スタート)もありましたので、これは確定でしょうね。

手数料が安くなることは喜ばしいことですが、すべての投資家にとって手放しに喜べるって話ではない部分もあるので少し紹介します。

ちなみに10万円以下手数料というサービスは松井証券が何年も前から実施はしています。

松井証券-少額投資と情報収集に適した証券会社-
証券会社における先駆者的証券会社です。松井証券では、10万円までの買い付けなら手数料無料。また、合計約定金額ごとに手数料が決まっています。指値注文が出来ます。松井証券は他の証券会社と比較して色々面白い試みをしてくる証券会社です。提供する投資情報も優...

続きを読む